仲人の舘の本気ブログ

2017-08-11 08:37:00

600万円で挑む結婚相談所

仲人の舘です。
結婚相手に求める条件として、男性が女性に期待するのが年齢や容姿といったものであるのに対し、女性は男性に年収を期待しています。
特に結婚相談所では、最初にお相手に対する希望を設定しますから判断材料として適当です。
年収は多いに越したことはないでしょうが、具体的にどの程度が現実的なラインかを把握していないと機会を逃す事になりかねません。
区切り良く1000万円、と考える方も多いようですが、男性全体で見て6パーセント程しかいません。
600万円まで引き下げても全体の20パーセント弱ですから、理想と現実の違いを把握しておきましょう。

さて、600万円でセレブリティな暮らしは難しいですが、一般的な水準よりは上にあります。
要するに好条件というものですから、競争倍率も高いでしょう。
全体で20パーセント弱といっても年代ごとに差があり、30代以下では15パーセントしかいないようです。
そこから更に結婚相談所に登録している人をとなると、かなりの狭き門でしょう。

あくまで年収にこだわる場合、たとえば600万円を基準としてお相手の男性を考えているなら、年齢の方で調整する方法があります。
20代で厳しいなら30代、更に40代といった具合にスライドしていく事で可能性を高められるのが結婚相談所です。
男性は女性に対し年齢を要求する傾向にありますから、年齢差をうまく使ってみましょう。