仲人の舘の本気ブログ

2017-11-13 08:15:00

結婚と住民票

仲人の舘です。
結婚したら住民票はどうなるのか、入籍後に必要な変更手続きと取得方法が気になります。
婚姻届を提出すると、住民票には、婚姻後の夫婦の氏と新しい本籍、そして筆頭者の氏名と世帯主との続柄が自動的に反映されます。
世帯主との続柄については、婚姻届を提出する前から世帯が一緒だった場合に適応され、妻、夫へと変わります。
住所変更があった場合は、住所地の役所で住民票の住所移動の手続きをする必要があり、住民票に記載されている世帯主と続柄は、世帯変更届の変更が必要です。
同棲した後や結婚後、別々の世帯を一緒にする場合は、世帯合併の手続きをすることになります。

結婚後の新しい住民票については、婚姻届を提出して受理された後、新しい戸籍情報が記された住民票を取得することができます。
婚姻届を住民票記載以外の役所に提出した時は、新しい戸籍での住民票を取得するのに、1週間から10日くらいかかるので注意が必要です。

住民票をすぐに欲しい時は、役所の開業時間内に手続きをすることです。
婚姻届を提出した役所が住民票の住所地と同じで、婚姻届受理証明書を取得し、居住地の役所で住民票を取得すれば、当日中に新しい住民票を取得できます。
早朝や夜間、祝日など開業時間外の場合、提出した婚姻届は預かりになるので、すぐに住民票の発行ができません。
管轄の役所に聞けば、親切丁寧に教えてくれます。