仲人の舘の本気ブログ

2018-02-11 09:01:00

未婚とバツイチ

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
3組の夫婦がいれば、1組は離婚すると言われる時代ですから、バツイチの方はかなり多いでしょう。
昔はレッテルを貼られることの多かったバツイチという経歴も、今では引け目を感じるほどのことではないかもしれません。
ただ、バツイチと未婚の人がくっついて結婚というケースは、いくつか乗り越えるべきハードルがありそうです。
どうしても離婚歴のある側が引け目を感じてしまい、結婚へと発展しにくくなります。

そのお相手が男性か女性かによっても多少の違いはあるのですが、未婚かバツイチかという点は結婚相手の条件として大した問題ではありません。
むしろ結婚歴のある方、つまりバツイチの方が優位に立つ状況もあります。
なぜ離婚をするのかと言えば、それぞれに理由はあるでしょうが、価値観の違いとはよく言われることですね。
結婚に対する理想と現実が違うというもので、この点に関しては離婚経験者の方がよく理解していることです。

もちろん、未婚同士の夫婦が離婚しやすいというわけではありません。
たいていは結婚前によく話をしておけば回避できる問題であり、バツイチもここは変わらないでしょう。
結婚歴があるから離婚しないのではなく、間違いを認識しやすいというだけの話です。
ちなみに、同じバツイチでも子供がいたり養育費を払っていたりする場合は、また少し事情が変わってきます。

夫婦は離婚すると他人になりますが、子供との縁は一生切れません。
別れた妻側が子供を引き取っている場合は、元夫は子供が成人するまで養育費を払い続けるのが一般的です。
一括で解決済み以外で、養育費を払っていないとすると、それはそれで問題です。
お金のことも含めて、結婚前にいろいろ話し合ってください。