仲人の舘の本気ブログ

2018-06-20 08:19:00

バツイチで子持ちの男性

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
離婚したときに争う問題の一つに、親権問題があるでしょう。
要するにどちらが子供と一緒に暮らすかというもので、大抵は母親側が有利なようです。
それでも男性側が親権を持つこともあるわけで、しかしシングルマザーが収入面に不安を覚えるように、シングルファザーは育児面で不安を覚えることが多いでしょうか。
そうなると再婚も視野に入れつつ、となりますがバツイチは当然として、子持ち男性のニーズが気になるところです。

男性が子持ちだった場合、お相手の女性が未婚かバツイチ以上かで対応が全然違ってきます。
お相手もバツイチなら、更に子連れなら、子供同士の相性はともかくとして、再婚後いきなり育児という問題に直面しても対応しやすいでしょう。
しかし、未婚女性との再婚を目指す場合には、結婚後すぐに育児が待っていることを考えなければなりません。
それも、ある程度大きくなっているものと思われますから戸惑ってしまうでしょう。

子持ちが再婚を目指す場合、または結婚相手がバツイチだった場合には、結婚の前に子供を含めて会う機会を出来るだけ多く作りましょう。
仲良くなることはもちろん大切なのですが、自分の子供だという風に思えるかどうかも重要です。
お相手の子供と考えていることは、子供は敏感に感じ取ってしまいます。
若ければ新たに子供を作ることもあるでしょうが、そのときに差を作らないことも当然です。