仲人の舘の本気ブログ

2018-07-04 08:31:00

結婚率

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
結婚率を考える上で無視できないものに、生涯未婚率というものがあります。
50歳までに一度も結婚したことのない人の割合を表す数字で、この数字が高ければ必然的に社会の結婚率は下がってくるでしょう。
ちなみに、生涯未婚率の最近の調査では男性が23パーセント女性も14パーセントという高い数値が出ています。

実際にはかなり流動的なので、ピンポイントで結婚率や離婚率を見ていくのは難しいです。
ただ、やはり気になるのは結婚適齢期付近の年齢の話だと思われるので、少し条件を絞ってみましょう。
意外と思われるかもしれませんが、半世紀ほどさかのぼってみても結婚率は100パーセントになりません。
男女ともに30歳頃になると9割近くの方が結婚していたことになりますが、今は6割程にまで低下しています。

単純に考えると、結婚できていない人がそれだけ多いということになるでしょうか。
しかし、言い換えれば結婚していない人がそれだけいることになるのですからチャンスでもあります。
そこから、つまり30代から結婚へと至る数は多くありませんが、ゼロではありません。
男性は同年代よりも少し年下をお相手として求める傾向にある、という部分も踏まえると対策が取りやすいでしょう。
同い年同士での結婚というのは、それほど多いものではありません。

結婚をしたいと思っている人が一番多く集まっている所はどこだかわかりますか?
それは言うまでもなく結婚相談所です。
ですので、結婚相談所では効率よく結婚できるのです。