仲人の舘の本気ブログ

2018-07-07 08:42:00

年の差とお見合いの話

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
結婚において、二人の年の差は非常に重要な問題です。
世代が違えば社会通念が異なることもありますから、生活を共にする上で不都合が生じやすいでしょう。
夫婦間でのコミュニケーションが円滑でないというのは、相当なストレスです。
もっとも、この問題はお見合いなり恋愛なり結婚へ至る前段階で判明しやすいので回避できる問題ではあります。

年の差といっても、20歳も離れているようなカップルは現実にほとんど存在しません。
芸能人や金銭的に大きな余裕のある一部の人間における話なので、ここまでの年の差は想定しなくても大丈夫です。
紹介されてお見合いに臨むとしても、せいぜい5歳差程度という場合が多いのではないでしょうか。
10代の人間にとってみれば大きな差ですが、30歳前後の男女にとって5歳というのはそれほど大きな差ではありません。

お見合いで年の差が気になるのは、7歳差を超えたあたりからでしょうか。
小学生時代が重なっていないため、世代が一つ離れた実感が出てきます。
だから絶対に結婚が上手くいかないというわけではありませんが、所々で気になるかもしれません。
小さな違和感は大きな溝を生みかねないので、お見合いの席での確認は大事なのです。
たとえば昔流行った歌や視聴していたテレビ番組など、思い出を共有できるかどうか探ってみましょう。

一般論になりますが、男性は若い女性が好き、女性は同年代や最近では年下を好む傾向があります。
このギャップに私たち仲人はいつも悩まされています。
これからはじまる長い結婚生活を考えて、男性も女性も年齢だけにこだわりすぎないで欲しいと思います。