2019/01/11 08:40

婚活40代

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
婚活40代といっても、男性と女性とでは少々事情が変わってくるでしょう。
男性であれば、正攻法で進めて何とか可能性を求められる地点ですが、女性が同じことをしても厳しい現実が待っています。
男性にしても女性にしても、40代を迎えるということは現実問題として子供を諦めるという選択肢を考慮に入れる段階です。
会社員であっても昔より定年は延びていますが、健康の問題など他にも大きなハードルがいくつもあります。

盛況と言われる婚活市場ですが、婚活40代が生身で勝負をするには不安要素が多いのも事実です。
すでに一生分の財産を築いているような特殊な例を除けば、年齢と共にチャンスは少なくなってきます。
しかし、チャンスは少ないくても、諦めなければ可能性はあります。
たとえば、結婚相手を老後のパートナーとして考えてみると、40代という年齢は30代や20代に比べて現実味がある分だけイメージしやすいでしょう。
自分とお相手が同年代であれば、互いに若い相手を狙うのは難しいとしても、そういう考えのもとでパートナー選びをするとなれば選択肢が広がってきます。

自分より上の世代を狙うという考え方もありますが、婚活40代の上の世代となると50代が視野に入ってきます。
介護問題については、両親だけでなくパートナーのこともすぐに考える必要が出てくるかもしれません。
また、10歳以上歳が離れると会話が成立しにくくなるというデメリットがあります。
プラスマイナス5歳以内が、夫婦の会話を維持する上で丁度良いとされています。

40代の婚活も仲人の舘にご相談ください。
40代と言っても40歳~49歳、前半と後半、男性と女性、お相手に求める条件などによっても戦略は変わってくるのです。