仲人の舘の本気ブログ

2013-06-25 14:40:00

教会式での仲人の服装

仲人の舘です。
教会での挙式は人気で、両家の両親は正礼装第一礼装で臨みますが、仲人の服装は悩むところです。
教会で仲人を務める場合、両家の親族が洋装であっても、仲人は黒留袖にするケースがほとんどです。
レンタルの場合、仲人である旨を伝えると、格式の高い仲人にふさわしい柄の留袖を選んでくれるので、自分に合った柄を選ぶと良いでしょう。

日本では教会式でも仲人の服装は黒留袖が圧倒的に多いのですが、両家のお母さんが留袖なら、揃えた方が無難です。
ただ、教会での挙式で、新郎新婦が洋装での結婚衣装で、媒酌人の夫も洋装の場合は、仲人夫人も黒留袖よりドレスのほうがバランスがよいかも知れません。
教会での仲人の服装は、夜は肩を出したイブニングドレスが正式の服装になりますが、その際、光沢のある和装に負けない格のあるものを選ぶように努めましょう。
教会の披露宴では、新郎新婦がダークスーツと白いワンピースなどのカジュアルな服装なら、仲人夫妻もスーツなどで揃えます。
いずれにせよ、事前に打合せをして、格を揃えた服装になるようにしなければなりません。

教会式では、仲人は立会人として結婚証書に署名をします
教会では、讃美歌は一番の思い出になる唄になるので、仲人は新郎新婦と相談して、どの讃美歌を歌うのかを選択することができます。