仲人の舘の本気ブログ

2013-09-15 19:30:00

仲人の紹介あれこれ

仲人の舘です。
結婚するにあたり、両者の仲立ちをする人を仲人と言いますが、最近では、結婚相談所を除き仲人の紹介による出会いというのもめっきり少なくなってきました。
結婚が決まったお二人および両家の縁組みをするのが本来の役割ですが、お見合いから結納、結婚式、披露宴のすべての場を取り仕切ることもあります。
仲人を立てるカップルは年々減ってきていて、その役割は希薄になってきていることから、紹介を依頼する人も少なくなってきました。

以前は、仲人はなくてはならない存在で、何かと相談に乗ってくれる頼りになる存在だったのですが、今ではカップル全体の1%にも満たないのが現状です。
しかし、年配者の中では、結婚式に仲人は付き物と思っている人もまだ少なくないので、披露宴が始まる際に、仲人を立てない結婚式である旨の挨拶は必要でしょう。

仲人を立てない結婚式の場合、招待状は親ではなく、新郎新婦の名前で出すケースが増えています。
仲人がいる披露宴では、仲人が新郎新婦の紹介をするのですが、仲人がいない場合は、誰か別の人が紹介しなければなりません。
その場合は、司会者や親しい友人などに紹介してもらうと良く、自己紹介や新郎新婦がお互いに紹介しあう形でも問題ありません。
仲人を立てないときは、披露宴の雰囲気に合わせて、独自の紹介の仕方を考えてみるのもいいかも知れません。