仲人の舘の本気ブログ

2013-09-21 14:35:00

仲人と結納

仲人の舘です。
最近あまり見かけなくなったと言われる仲人ですが、それでもまだ文化が完全に途絶えたとは言えないです。
人付き合いの密な地方へ行けば、仲人の活躍している姿を目にすることが出来るでしょう。
より役割を簡略化された頼まれ仲人などと呼ばれるものもあり、これは主に披露宴での立ち回りを期待されるものです。
簡略化された存在とは言っても、仲人に選ばれた人は結納から披露宴まで世話をする必要があるため、頼まれた場合には慎重に返事をしましょう。

自信がないのなら最初にハッキリ断っておくと良いでしょう。
昔ほど密な関係にならないといっても仲人を任された者は、夫婦にとって大きな存在となります。
正式な仲人として、お見合いの時点から頼まれている場合には結納よりも早い段階から両家と関係をもつことになります。
その特異な性質上、頼まれる方と言えば社会的に信頼のおける人というのが通例となっています。

ある意味で言えば、仲人に抜擢されるというのは周囲から相応の人格者として評されていることになります。
もちろん、そんな不純な気持ちだけで引き受けてはいけません。
ちなみに、当たり前のこととして割愛してありますが仲人は既婚者であることが大前提です。
当然、仲人婦人にも出番があるので一人で引き受けるのではなく話し合って決めるのが良いでしょう。
結納は仲人が取り仕切る形になっているので、進行の手順を把握した上で両家との打ち合わせをしておきたいものです。
近頃では、両家が勢揃いして行われる略式結納が主流となっているようです。