仲人の舘の本気ブログ

2013-09-25 18:30:00

仲人に適任の人

仲人の舘です。
仲人を誰にお願いするのかは、結婚を決めたカップルにとっては大きな選択ですが、適任の人を選ぶ必要があります。
一般的な基準から見ると、適任の仲人は、円満な家庭を営んでいる夫婦もしくは、ある程度社会的立場があり、信用がおける人ということになります。
また、広い教養と常識を備えていて、誠実な人柄であることも、適任の要件になります。
そして、若い人の考えもしっかり理解し、相談に乗ってくれたり、指導してくれる人というのが理想で、そうした人が適任の仲人と言えるでしょう。

仲人というと、両親の見栄で、会社の社長や議員などにお願いするという話もよくありますが、やはり、当人たちを良く知っている人の方が適任と言えます。
内面性を重視した人選を心がけることが大事で、それがそのまま適任の仲人に結びつくことになります。
ほとんどの場合、仲人というと、男性側の会社の上司や学校時代の恩師、親族や両親の知人などに決まります。

仲人は、適任がいなければ略式でお願いすることも可能で、今は仲人を立てない結婚式が増えています。
最近では、仲人なしで結婚する人が多いので、適任がいなければなしでもいけないことはないのですが、その場合は両家でよく話し合って事を進めて行く必要があるでしょう。