仲人の舘の本気ブログ

2013-10-12 10:20:00

縁結びのお守りの持ち方

仲人の舘です。
縁結びのお守りの持ち方は、神様のご利益をしっかり授かるため、かばんや財布などに入れて常に身につけるのがポイントになります。
自宅で縁結びのお守りを保管する場合は、タンスなどにしまわず、目に付く場所へ出しておくのがよく、高い場所へ置くことです。
いつどこで恋が生まれたり、結ばれるかわからないので、縁結びのお守りは、常に持ち歩くものに忍ばせておくことが大事です。

縁結びのお守りは、定期入れやカバンのポケットに入れておくとよく、出会いを求めるなら、スケジュール帳に入れておくのも良いでしょう。
ネックレスのチェーンにそのままお守りを通して首にかける、という方法もありますが、トイレに入ったときなど、落とさないよう注意しなければなりません。
身につけるというのは、体に密着させるのではなく、肌身離さず持っておくことが大事で、常に願いを忘れないでいることが、何より重要です。

縁結びのお守りの持ち方でおすすめなのが、常に持ち歩くバック、あるいは名刺入れに忍ばせておくことです。
また、寝るときは枕の下にお守りを入れておき、起きたらすぐに願をかけると良いでしょう。
お風呂に入る以外は常に身に付けるようにすることが大事で、普段はお守りを放置して、祈りたくなった時だけ頼るというのは、お守りの持ち方に相応しくないですね。
常に持ち歩いて大切にし、一日に一度、お礼する習慣を身に付ければ、神様はきっと願いを叶えてくれるでしょう。