仲人の舘の本気ブログ

2013-11-19 16:40:00

婚活をする時の気持ちの持ち方

仲人の舘です。
婚活の気持ちの持ち方で大事なのは、まずお相手を認め、誉めるということを学ぶことです。
人の短所ばかりに眼を向けず、善いところを見るようにしましょう。
また、焦らないことも大切です。
もしも事が上手く運ばずに焦ってしまった時には、何のために結婚をするのかを再度、見つめ直すことで心や頭の整理ができるものです。
早く結婚すればいいというのではなく、生涯を連れ添うことができるお相手と巡り会うための行動こそが婚活なのです。

婚活を始めるにあたって、年齢が若いうちは、お相手に対する条件を多少上げてもいいのかも知れません。
年収、学歴、同居不可などの条件を上げても、交際希望の申し込みがあれば、ときめく相手と出会えるかも知れません。
しかし、ある程度年齢がいくと、自分の趣味や条件ばかりを押し通さない考え方が大事になってきます。

婚活ではお相手の立場になって考えてみるという気持ちの持ち方が大事で、なぜ自分は選ばれないかと考えるのではなく、自分が異性なら自分のことを選ぶかを考えてみるのもいいですね。
少し視点を変えるだけで出会いはぐんと広がり、婚活の気持ちの持ち方次第で、結婚はより身近なものへと変化します。