仲人の舘の本気ブログ

2014-01-13 12:00:00

縁結びの陰陽石

仲人の舘です。
婚活をする時に、すがるものを用意する事はそれほど珍しい話ではありません。
神仏でも偶像でも、依代によって気持ちが前向きになるのであれば成果は十分にあると言えます。
せっかく利用するのですから、出来るだけ評判の良いものを選びたいですね。
それなりに歴史があって、かつ人気の高いスポットとして縁結びの陰陽石などは如何でしょうか。

何度か紹介した事があるのですが、長崎県の諏訪神社には縁結びの陰陽石なる石があります。
諏訪神社と言えば長野を連想しますが実のところ全国に点在しており、総本社が長野という訳です。
長崎となると少し遠いように感じるものの、たとえば出雲大社も島根県と関東圏からは遠いですね。
縁結びのために訪れる本気度を試している訳ではなく、短期間では終わらない婚活の息抜きの機会を与えてくれていると考えるのはどうでしょう。

縁結びの陰陽石は面白い作りになっていて、男石と女石とそれらが合わさった両性合体石なるものから構成されます。
この陰陽石は参道の敷石の中に配されており、参拝の時に男性は女石を女性は男石を踏んでから両性合体石を踏んで参拝するという方法で成立します。
非常に歴史の深い風習なので、確かに縁結び効果が期待できそうですね。
毎日毎日婚活に精を出すのも良いですが、ちょっとした息抜きに訪れてみては如何でしょうか。