仲人の舘の本気ブログ

2014-02-02 15:20:00

お見合いの心得

仲人の舘です。
お見合いというと、仲人や家族が一緒になって縁談の席を盛り上げるというイメージもまだ残っていますが、近年は初めから2人だけで会うスタイルが多いです。
2人だけのお見合いは、仲人や家族がいる時よりも心理的に楽であり、心の距離も近づきやすくなります。

しかし、そのような期待がかえって空振りしてしまうケースもあります。
たとえば、早く相手に自分のことを知ってほしいという焦りや沈黙への恐れから、マシンガンのように話してしまい、相手をうんざりさせてしまうこともあります。
さらに「私に何か質問ありますか?」など、上から目線の話し方も相手を不愉快にさせてしまいます。

また、2人だけで会う時は、お見合いを終了するタイミングにも注意しましょう。
初めてのお見合い時間は、1時間〜2時間で切り上げると成功しやすい傾向があるので、だらだらと時間を伸ばしすぎないようにしましょう。
ただし、時間を気にし過ぎて時計をチラチラ見るのも禁物です。
時計を見る時は「仲人から1時間半以内にして下さいと言われていたので」と一言添えると、余計な誤解を与えずに済みます。

自分にはそのつもりがなくても相手がどのように受け取るか考えて行動することが、お見合いの心得となります。