仲人の舘の本気ブログ

2014-02-08 09:54:00

縁結び神社のお参り方法

仲人の舘です。
縁結びのために神社巡りをする方は大変多いですが、正しいお参り方法を意識している方はどのくらいいるでしょうか。
神様のご利益を得たいと思ったら、神様に対して失礼とならないよう、正しい作法でお参りすることも大切です。

では、神社のお参り方法について順を追って見ていきましょう。
神社に来たらまず参道を歩きますが、参道の真ん中は神様が通る道ですので、避けて歩きます。
そして鳥居の下に来たら、帽子やサングラスなどは外し、一礼をしてからくぐります。

鳥居の先は神様の領域であり、身体を清めるために手水舎でお清めをしてから進みます。
お清めの方法はまず、右手で柄杓を持って水をすくい、左の掌にかけます。
次に柄杓を左手に持ち、右の掌に水をかけます。
そして再び右手に持ち、左手に水を貯めて、その水で口をすすぎます。
口をすすいだ水は溝にながします。
最後に柄杓を垂直に立てて、残った水を流しながら柄杓を清め、柄杓を元の位置に戻します。
以上の作業は、一回すくった水で行うようにします。

お清めのあとはいよいよ参拝です。
お賽銭を静かに賽銭箱に入れて鈴を鳴らしたら、二回礼をし、二回柏手を打ちます(神社によって参拝方法が異なる場合があります)。
そして縁結びのための祈願をしたら、最後に一礼します。
正しくお参りすることで、良い人とのご縁もいっそう近づくのではないでしょうか。
ちなみに私、仲人の舘は無宗教です。