仲人の舘の本気ブログ

2014-02-17 09:29:00

お見合いでの自己アピール

仲人の舘です。
今日はお見合いの席での自己アピールをどうするかというお話しですが、それはトークの技を磨くというものではなく、自分を磨くとでもいうのでしょうか。
これは私のところが決して特別優良な結婚相談所だからという事ではありません。
どちらも皆さん同じだと思いますが、やはり男性の年収や職業はどうしても重要視せざるを得ない部分も否めないのです。
ですから、入会を希望される男性には、その提示を求めるのですが、ご安心ください。
今の時代は多くの場合、それが女性の審査基準のメインになる訳ではありません。

というのも、昔は女性は結婚すれば家庭に入り、家事と育児に専念するというのが主流でしたから、男性の経済力が自分の生活を決めると言っても過言ではありませんでした。
そのため、年収や職業を非常に重視していましたが、今は違います。
女性だって結婚後も仕事を続け、自らの発展を望む傾向が強くなりました。
そうなると、結婚相手の男性に求めるものは、その理解力と協力の方が経済力よりも大きくなって来くるのです。

ですから、例え年収はさほどでなくても、家事を手伝ったりとか、子煩悩だという部分が立派なアピールポイントになって来たりするのです。
逆に言えば、いくら仕事が出来て、高年収を自負しても、それが必ずしも大きなアピールポイントになるとは限っていないという事です。
それよりも、お見合いの席では、カレーを作らせたら天下一品だとかと自己アピールする方が好印象な場合も多く見られます。
また、仕事をしている女性は疲れていますから、気を遣わなくて済む男性というのも評価が高い様子です。