仲人の舘の本気ブログ

2014-03-19 09:50:00

結婚相談所への入会に必要な独身証明書

仲人の舘です。
独身証明書というのは、2000年から発行されるようになったもので、比較的新しい書類と言えます。
主に、結婚相談所へ提出する公的書類として発行されることから、俗に、結婚相談業者提出用証明書とも呼ばれています。
これまで、独身であることを証明する書類は戸籍謄本や抄本でしかなかったのですが、独身証明書がそれにとって代わるようになりました。
 
独身証明書は、現在独身であることを証明するものなので、本籍地の市区町村役場で発行されます。
本籍がある市区町村が発行するのが独身証明書で、婚姻の事実がないことを証明する書式になります。
結婚相談所への入会の際に必要な提出書類で、独身であることを証明することは、会員相互の信頼につながります。
独身証明書を会員に提出させることは、結婚相談所にとっての責務であり、免許証や住民票では独身を証明することはできません。

信頼できる結婚相談所では、任意ではなく必ず公的な独身証明書の原本の提出を義務づけています。
独身証明書の書類には、氏名、生年月日、本籍地(市区町村まで)、そして該当者が独身であることを証明する旨が記載されていますが、市町村ごとに文面や体裁は多少違います。
独身証明書を郵送してもらうことも可能ですが、その際は、請求書、手数料(定額小為替)、本人確認できるものと返信用封筒が必要です。