仲人の舘の本気ブログ

2010-10-19 16:02:00

民間給与が昨年は最大の下げ幅に!

仲人の舘です。
民間企業の従業員や役員が2009年の1年間に得た平均給与は405万9000円で、2008年を23万7000円(5.5%)下回り、2年連続で減少していたことが、国税庁の民間給与実態統計調査でわかりました。
1949年に統計を取り始めてから最大の減少となった前年の7万6000円(1.7%)減を大きく上回り、1989年当時の水準まで落ち込んでしまいました。
私が以前より言っていた、2010年は380万円になるとの予想も満更見込み違いの数字ではなくなりましたね。
東京在住で年収600万円以上の未婚男性(30~35才)の割合は4%しかいなかったのも2008年度の調査でしたから、このパーセンテージも更に少なくなったことでしょう。
幸福はお金では買えません。
でも、お金はあると便利、無いと不便です。
どうせなら便利な方がいいですね(笑)