2013-08-31 16:50:00

仲人の舘です。
結婚といっても現代では、特に何か決められているような状況は一般的ではないでしょう。
たとえば歴史を遡ってみると、身分が違う者は結婚できない等の制約がありました。
現代では、一部ではあるかも知れませんが一般的に考える必要のない話です。
結婚へと至る道を見ても、昔はお見合いが多く見られましたが今となっては専ら恋愛結婚が多いのではないでしょうか。
あまり目にする事のなくなったお見合いかと思いきや、最近また少しずつ注目されているのです。
そこで知っておきたいのが、お見合いの進め方と断り方です。

進め方はともかく何故断り方を知っておく必要があるのかという話ですが、では断らない事を前提にお見合いができますか?
運良く相手との相性が合えば良いですが、そうでなかったときには断る必要が出てきます。
問題の断り方について、ただ断れば良いというものではありません。
何となく断りにくいからといって問題解決を後回しにしていると、いよいよ断れないような状況に陥ってしまうことがあります。

そもそもお見合いは、いわゆるパーティ形式のものなら気軽ですが形式張ったものには色々な人が関わっています。
両親や親戚、それに会社の上司といった人間関係が浮き彫りになってくるでしょう。
その場合、お見合いをした相手にではなく世話人や紹介してくれた人への話がカギとなります。
人間関係を重んじるという意味であり、なので断るタイミングも早い方が良いでしょう。

2013-08-30 16:40:00

仲人の舘です。
実質仲人の場合、二人を引き合わせた後、婚約、結納、挙式と、結びの神の役割をしっかり果たす必要があります。
また、式が終わった後も、親代わりの存在として、二人の力になり、悩みの相談にものります。
これに対して頼まれ仲人というのは、いざ結婚の意志がかたまってから、職場の上司などに依頼するケースを指します。
結婚式の立会人になることと、披露宴の際のあいさつなどが、頼まれ仲人の主な役割になります。

頼まれ仲人は、本来の仲人の役割を果たしていないけれども、結納や結婚式、披露宴の席でのみ仲人としての役目を果たす人を言います。
いわゆる席仲人のことで、結婚式や披露宴において、仲人席に着くというのが、頼まれ仲人の役割になります。
結納の立会いや結婚式当日だけ仲人役を引き受けるのが頼まれ仲人であり、実質仲人に比べて、負担や責任はかなり軽いです。
もちろん、頼まれ仲人であっても、心から祝福して、責任をもって仲人の役目を果たしてくれる人を探さなければなりません。

仲人は本来、縁談から結婚式まで両家を取り持ち、見合いのときは世話人、結納では使者、挙式や披露宴では媒酌人の役目を担います。
しかし、最近では時代の流れもあって、形だけの頼まれ仲人が増えているのが現状です。
恋愛結婚が増えた今、挙式当日だけの媒酌人を務める頼まれ仲人も多く、仲人をまったく立てないケースもあります。

2013-08-29 16:30:00

仲人の舘です。
婚活方法には色々ありますが、婚活で成功する女性と失敗する女性は、完全に分かれる傾向にあります。
通常、婚活方法には、婚活パーティなどで婚活する方法と、結婚相談所などでマッチングによって結婚相手を探す方法があります。
大体がこのどちらかのパターンになり、合コンや婚活パーティの場合、どうしても男女ともに人気のある人に集中します。
特に女性の場合、若くて綺麗な子に人気が集中する傾向にあるので、そうでない人は、比較されてしまって不利になります。

婚活パーティは、婚活方法として人気がありますが、ここで勝負するには、婚活競争力が求められます。
そのため、婚活競争力が低い場合は、合コンやパーティなどの1対多の出会いのパターンは避けるべきでしょう。
そうした人は、1対1の出会いのパターンがおすすめで、個人的な紹介などのお見合いがいいでしょう。

どんな婚活方法でも有効な手段は、とにかく婚活の競争力を向上させることです。
女性は、いかに男性から見たときに魅力的であるかが大事になってきます。
どんなに真面目に婚活方法に取り組んだとしても、男性から見たとき、魅力がないと効を奏すことはできません。
男性は、女性の顔だけでなく、胸や足などにもチェックを入れてくるのを忘れてはいけません。
もちろん内面的要素も大切ですから、温かい家庭が築ける女性像をアピールするといいでしょう。

2013-08-28 16:20:00

仲人の舘です。
今では多くの婚活サイトがあり、これまで結婚相談所、結婚紹介所としてしてやってきた企業が、インターネットで運営しているところもあります。
結婚相談所には基本的に、仲人型、マッチング型とインターネット型があります。
マッチング型は、プロフィールや希望条件にあった相手を探してもらい、紹介してもらうシステムになります。
これに対して、インターネット型は、ネット上の婚活サイトを指し、プロフィールを自分で検索して、希望する条件に合った人にアプローチしていきます。
近年では、マッチング型の要素を取り入れながら、インターネットで、登録会員のプロフィールを自由に検索できるシステムも多くなっています。

結婚相談所は、真剣に結婚を考えている人たちに対して、希望の合う人を引き合わせてくれる場です。
条件や人柄などから、ピッタリの人を紹介してくれるのが結婚相談所の理想ですが、最近ではインターネットを使って条件の合う人を勝手に検索するサービスが多いのが現状です。

インターネットを利用した結婚相談所は、会員活動費が安いメリットがあり、中には入会金不要のところもあります。
活動のすべてがインターネット上でできるメリットの反面、真剣度が足りなかったり、本人確認が行き届かないデメリットも頭に入れておく必要があるでしょう。

2013-08-27 16:10:00

仲人の舘です。
縁結びの神社にはお祓いがあり、一年の無事を祈って、護摩祈願を取行います。
護摩祈願は本尊、弘法大師の前に厄除息災の護摩壇を建てて行い、願いが書かれた護摩札を火にかざして、厄除けをはじめ、災難除けなどのお祓いをします。
縁結びに願いをかけるなら、お祓いとなる、所願成就を祈願してもらうのが一番です。
お祓いをしてもらうに当たっては、自分の厄年を調べる必要がありますが、数え年で男性なら25、42、61歳、女性なら19、33、37歳です。
厄年はこれまでの自分を反省するよい機会でもあるので、縁結びのお願いに際しては、しっかりお祓いしてもらいましょう。

大國魂神社は、縁結びのお祓いをしてくれる神社として有名で、大國魂大神を武蔵国の守り神としてお祀りした神社になります。
縁結び、厄除け、厄祓いの神として著名な神社で、厄年には運気が下がり、災厄に遭うという災難を避けるため、厄除け祈願を行っています。

縁結びのお祓いと言えば、深大寺が祀る大師さまも有名です。
通称元三大師と言われていて、観音菩薩の化身とされており、魔除け、厄除けに霊験あらたかであることで知られています。
小網神社は、東京大空襲の際、社殿をはじめ境内地が戦災を免れたエピソードがあることから、強運厄除の神さまとして有名です。
縁結びのお祓いのための厄除け祈願は、原則一組ごとに行われます。

1 2 3 4 5 6 7 8

今日から6ヶ月以内の結婚へ!仲人の舘がしあわせ婚メソッドを伝授!

ご縁を結んで30年!カウンセリング相談人数の実績5,400人以上!30代、40代を6ヶ月以内で結婚へと導く仲人のプロです!

  • 婚活といっても、何をしたらいいかわからない
  • 一人での婚活には不安がある
    活動中もサポートしてほしい
  • あまり恋愛経験が多くないので自信がない
  • ネット婚活やパーティーはちょっと・・・
  • 結婚相談所の選び方がわからないから相談してみたい

1つでも当てはまった方は、仲人の婚活サポートを受けてみませんか?

はじめまして。
真剣に結婚を考えられている方をサポートする仲人の舘(たち) と申します。

今このページをお読みいただいているということは、 ご自身の結婚やお子様の結婚を真剣に考えられているかと思われます。

婚活サービスを検索すると、ネット婚活やパーティー、結婚相談所など様々な選択肢があり、 どれが自分に合っているのか迷ってしまうのではないでしょうか。

私は、皆さんが「本気で結婚を考えられている」なら
「結婚相談所」を強くオススメします。
しかし「結婚相談所」といっても数多く存在するので、選ぶのに注意は必要です。
「結婚相談所」を比較検討される際に口コミ等を参考にすることがあると思いますが、ネット上に溢れている「結婚相談所」の口コミを見ると、

  • 入会前の話と全然違う
  • 対応が遅い、思っていたサポートが受けられない
  • 希望通りの人に会えない
などの書き込みを多く見かけます。
なぜ「結婚相談所」にこういった口コミが多くあるのでしょうか。
それは、消費者の方が「結婚相談所」に費用を払えば結婚相手が見つかるという考えで入会 してしまいがちだということに多く原因があります。


結婚相談所にお金を払えば
出会える・結婚できるという考えは
捨ててください!!

結婚相手を見つけるということはお金で解決できるほど簡単な問題ではありません。
ましてや「結婚相談所」はボランティアではないので、コストがかかる上に、サービスにも 限界があります。だからこそよく調べもせず、広告宣伝を真に受けてしまい、イメージだけ で入会してしまうと、こうした状況につながってきてしまいます。

結婚相談所はサポートをしてくれるところ
大事なのは、どこで活動するかではなく
誰にサポートしてもらうか!

あなたがいま婚活をされていて、なかでも「結婚相談所」を検討されているのなら、ぜひ一度立ち止まって考えてみてください。
「結婚相談所」を選ぶポイントは、誰があなたをサポートするかです。同じ相手と会っても、あいだに入るサポートが変われば結果も変わってきます。仲人の舘(たち)は、活動を続けやすい安心の料金設定と、あなたの要望に合わせた距離感でサポートしていきます。決して押し売りはいたしません。
仲人の舘(たち)があなたのためにできること、できないことをしっかり把握していただき、 あなたのペースに合わせてしっかりと寄り添います。
ぜひ一度あなたのお話をお聞かせください。そして一緒に始めてみませんか?


仲人舘のしあわせ婚メソッド

♥全力サポートのために少人数担当制

会員さまを親身にお世話して成婚まで導くためには、お世話する時間の確保が大切です。
仲人の舘の結婚相談所は大手とは違い、少人数制で運営しています。
担当者がコロコロ変わる大手とは違い、お一人おひとりとじっくり向かい合い、成婚までの目標を設定しています。
レスポンスが早く、いつでも相談にのれる体制を整えています。
小さな結婚相談所ならではの身近なサポートを目指しています。


♥出会いのチャンスを広げる仲人ネットワーク

仲人の舘の結婚相談所は、地域の仲人ネットワークである「全国仲人連合会」に加盟しております。
「全国仲人連合会」は明朗でわかりやすい結婚相談をコンセプトに、会員・成婚第一主義の基本理念に共感した仲人たちの集まりです。
また同時に他の結婚相談を行っている大手結婚相談所も加盟するコネクトシップに参加し、24,000人以上の安定した会員基盤を持っております。
ご入会されたらすぐにすべてのお相手を閲覧でき、効率よくご活動いただけます。
地域の仲人や大手結婚相談所との提携で、会員さまの出会いのチャンスを最大限に広げます。


♥結果が出たらの成果報酬型

大手結婚相談所では、入会時に数十万円の費用が必要になります。全国仲人連合会では初期費用を最低限に抑え、敷居を低く設定しました。
そして目標が達成できた時に成果報酬としての『成婚料』を頂戴しています。
「成婚料なし」の結婚相談所も多くありますが、それは成婚へのサポートがありません!とPRしているのと同じです。
会員さまのご成婚が私の一番の目標、そして喜びです!


まずは何でも聞いてください!


ここまでお読みいただいたあなたへ

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
長々と書き連ねてきましたが、私があなたにお伝えしたいことはただひとつです。

結婚相談所は<仲人>で決めるべきだということ。

結婚はゴールではなく、あなたの新しい生活のスタートです。 こんな当たり前のことがわかっていない結婚相談所や仲人が世の中には数多く存在し、中には利益のためだけに強引に成婚にもっていったり、サポートもせず放置しているところもあります・・・

こうしたところに時間とお金をかけ、回り道をするのはもうやめましょう!
「結婚に繋がる出会い」というのは年齢とともに減少していきます。
「待っているだけ、結婚相談所に費用を払っただけ」では「あなたが求める結婚相手」に出会えないことはもうおわかりかと思います。

当然、結婚にはご縁とタイミングが重要ではありますが、それよりも
「結婚相談所のサポート」がなければ結婚までのハードルを越えることはできません!!
インターネット上でいくら会員情報を検索できようが、データマッチングでどれだけお相手を紹介されようが、それだけでは結婚につながることなどありません。

お相手との出会いの時、交際の時、成婚の時、あなたの立場になって真剣に考え、アドバイスしてくれる仲人がいるからこそ、仲人の舘の結婚相談所を含む当会は成婚率が高いのです。

私にできることは結婚を本気で望むあなたを「幸せな結婚」に導くことだけです。
そのために少人数担当制を採用し、全力であなたをサポートしていきます。
だからといって結婚を押し付けたり、無理をさせたりなどは一切いたしません。
仲人としてのこの熱い想いが少しでも伝われば幸いです。

はじめて婚活をする方、結婚相談所選びで迷われている方、気になることやお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。


まずは何でも聞いてください!

仲人の舘の本気ブログ