仲人の舘の本気ブログ

2017-10-31 08:40:00

結婚と事実婚

仲人の舘です。
最近は事実婚のスタイルで結婚するカップルが増えてきましたが、まだまだ世間は理解を示していない状況です。
事実婚は、婚姻届を提出しない形になるので、入籍する法律婚とは異なります。
入籍しない事実婚は、入籍する夫婦と同等の権利と義務を有しますが、税金面ではデメリットがあるので注意が必要です。

事実婚でも通常の結婚と同様、パートナーの扶養に入ることは可能で、住宅ローンを夫婦で組むことはできます。
しかし、事実婚の妻が専業主婦の場合、配偶者控除や配偶者特別控除を使うことはできないので、夫の税金負担が増えます。
また、もしもの際、自動的に財産を相続する権利が事実婚にはないので、遺言を書いておく必要があります。
事実婚でも遺言を書いておけば、お相手に財産を残すことはできるのですが、相続税は2割増しになるので法律婚と比べると不利です。

自由でしがらみのない結婚が事実婚ですが、日本においてはまだ夫婦として認められていない場面がいろいろあります。
特に法律婚と比較して待遇に違いがあるのが妊娠や出産で、事実婚で不妊治療を受ける場合、自治体のサービスを受けることができません。
夫婦の間に子供が産まれた時も非摘出子扱いになり、夫が法律上の子供の父親になるには、養子縁組の手続きが必要です。

2017-10-30 09:41:00

折り込み広告「路」(2017年10月号)に掲載されました!

仲人の舘です。
2017年10月30日発行の「路」9月号(VOL.52)に私どもの結婚相談所、全国仲人連合会・東京地区本部の広告が掲載されています。
私どもの結婚相談所では、ご相談は南千住サロンと千駄木サロンをお選びいただけます。
また、仲人の舘が最初の無料相談から、結婚が決まるまで一貫してお世話させていただいております。
よくある途中で担当が変わるといった心配はありません。
仲人の舘まで、お気軽にお問い合わせください!

2017-10-30 08:30:00

バツイチと指輪

仲人の舘です。
最近は離婚率が高いという話がありますが、再婚率も高くなってきています。
互いにバツイチだったり片方だけだったり、バツニ、バツサンなんて事もあるかもしれません。
再婚となって気になるのが結婚式で、挙げないか、あるいは小規模なものをという方が多いでしょうか。
さて、小規模でも結婚式を挙げるとなると指輪が必要になってきますね。

婚約指輪については、結納を行うかどうかでまず違ってきます。
再婚でもしっかり結納をして、となると必要になってくるでしょう。
とりわけ女性が初婚だった場合、仮に男性がバツイチでも一通りの形式を求める傾向にあるようです。
それは当人同士を含め両家が揃って考える事なので、一概には言えません。
女性がバツイチの立場だと式に対するこだわりも薄くなるようですが、本心では挙げたいのでしょう。

また、指輪に関しても自分から強く言う事はなくても欲しいと思っています。
再婚だとしても結婚をした証として、形に残るものは用意しても良いでしょう。
式を挙げる事が無くても、バツイチのカップルでも、結婚指輪くらいは用意た方が良いかもしれませんね。
かかる費用に関しては、あまりバツイチや初婚といった事を考えずに決めると揉めずに済みます。

2017-10-29 14:11:00

隅田川駅貨物フェスティバル2017開催中!

仲人の舘です。
2017年(平成29年)10月29日(日)、私どもの結婚相談所の前にあるJR貨物で、「隅田川駅貨物フェスティバル2017」が開催されています。
台風接近の悪天候にもかかわらず、たくさんの人で賑わっています。
私どもの結婚相談所、全国仲人連合会・東京地区本部(南千住サロン)の道を渡った正面が隅田川駅貨物フェスティバル会場の入口です。
隅田川駅は北回り貨物の玄関口として、品川区八潮にある東京貨物ターミナル駅と並ぶ東京の二大貨物駅の1つです。
5面10線のコンテナホームで24時間、長編成の貨物列車が出入りしています。
今年は隅田川駅開業120周年の年に当たります。
オリジナルグッズや鉄道部品を求めて、朝早くから傘をさした鉄道ファンの方で大行列ができていました。
また、じゃがいも、たまねぎなど新鮮な野菜を求めて、主婦の方やご家族連れの方もたくさん訪れています。
隅田川駅貨物フェスティバルと隅田川花火大会のときには、普段は静かな私どもの結婚相談所の前にたくさんの人が集まります。

内容
・機関車、貨車、コンテナ展示
・憧れの運転士になろう!!
(こども運転士制服が用意されます)
・鉄道模型の展示
(Nゲージ、HOゲージ)
・オリジナルグッズ、鉄道部品販売
・復興支援物品販売
・軽食出店 など

2017-10-29 08:40:00

結婚相談所と職業

仲人の舘です。
結婚相談所を利用して、この人と結婚したいと思う基準に、お相手の職業があります。
男性と女性では、結婚でお相手に求めるものは違い、昔よく耳にしたのが、高学歴、高収入、高身長です。
これは女性が理想的な男性を求める条件で、三高という言葉は流行語にもなりました。

最近の理想の結婚相手は、三平と言われていて、平均的な年収、平凡な容姿、平穏な性格を意味しています。
これこそが今、女性が結婚したいと思う男性の理想の像であり、そこには職業が大きく関わってきます。

女性に人気の男性の職業は、1位が公務員で、2位が医師、3位が薬剤師、4位が会社員、5位が実業家となっています。
これらの職業は、不安定な今の世の中を象徴していて、1位の公務員は、安定感という意味では抜群です。
公務員には、官僚や学校の先生、警察官や消防士、自衛官、市役所や区役所のデスクワークなど職種がいろいろありますが、人気があるのは役所です。
休日も取りやすく将来的にも安定しているからで、長い結婚生活において平穏に過ごせるメリットがあります。

男性の人気の職業と言えば、医師やパイロットがありますが、人口的にも少なく、結婚相談所に登録されている確立は低いです。
結婚相談所で婚活している女性は、理想と現実の違いをしっかりと認識しています。

1 2 3 4 5 6 7 8