仲人の舘の本気ブログ

2014-10-31 08:19:00

アラフォーのお見合い

仲人の舘です。
婚活女性の中で、アラフォーでお見合いする人が増えています。
まさしくこれは、日本の晩婚化時代を象徴している1つの現象と言えます。
アラフォーでお見合いする多くの人は、婚活しても良い人がいないと嘆きます。
女性の場合、±5歳位の範囲でお相手探しをする人が多く、40歳の女性だと35歳~45歳の男性が対象になります。
その年齢ゾーンの中で、良さそうな人が全然いないと言うアラフォー女性が多いのです。

独身男性の割合は、25歳~29歳で71%、35歳~39歳で35%、40~44歳で28%と言われています。
20代の独身男性の割合と比較して、アラフォー女性が希望する年齢層の独身男性の数が少ないというのが、お見合いで良い人がいないと感じる理由の1つになっています。
それにプラスして、45歳までの男性の多くが子供を持つことを意識していることから、アラフォー女性のお見合いが厳しいものとなっています。
選択可能な男性の絶対数が少ないことが大きな要因になります。

アラフォー女性からすると、お見合いのお相手は近い年齢が良く、お相手が気にしなければ年下でもいいと考えています。
しかし、この点については、お相手はかなりシビアだと考えなければなりません。
男性は歳を取るほど若い女性に惹かれる傾向にあり、これは理屈ではないのです。
アラフォー女性が60歳男性より35歳男性がいいのと同じです。
こういった現実を踏まえると、アラフォー以上のお見合いはプロの仲人に任せるのが一番いいのではないでしょうか。

2014-10-30 15:01:00

折り込み広告「路」(2014年10月号)に掲載されました!

仲人の舘です。
本日の読売新聞の朝刊に折り込みされている「路」2014年10月号に私どもの結婚相談所の広告が掲載されています。
「路」は、荒川区と台東区の一部の読売新聞5,500部に折り込みされている地域密着型の広告です。

2014-10-30 09:25:00

再婚でのお見合い

仲人の舘です。
結婚というと、幸せな成功の結果だけがあるわけではなく、その正反対の位置にあるのがバツイチ、すなわち離婚です。
バツイチの再婚は、お見合いでは、離婚経験者同士というケースもよくあります。
バツイチと言っても最近では珍しくなく、芸能人でなくても頻繁にあります。
ただ、気をつけないといけないのは、浮気などが原因で別れた場合、また同じ過ちを何度も繰り返してしまうことがある点です。
二度あることは三度あるというタイプが多いのです。

お相手との価値観の違いで別れる夫婦も多く、今の時代、仕事や子供に対してだけでなく、ストレス社会の中、出会いから一緒に暮らすというのは、お互いに譲り合いが必要です。
お互いの許容範囲のキャパシティを把握していないと、毎日のように喧嘩をする結果になってしまうのです。
お見合いで再婚する場合は、そうしたことを肝に銘じておかなくてはなりません。

お見合いで再婚する際、どちらか一方が離婚経験者だと、恋愛からその事が理由で立場が弱くなってしまう傾向にあります。
いくら忘れたくても消すことができないのは過去のお相手の存在で、それは女性でも男性でも同じです。
これは再婚やお見合いで最もネックとなる部分と言っても過言ではありません。
自分がわるかった部分は反省と学習をし、前向きにこれからの人生を築いていく姿勢を見せる事も大切でしょう。

2014-10-29 09:16:00

人見知りの方のお見合い

仲人の舘です。
お見合いでよく問題になるのが人見知りです。
大人の人見知りとういうのは、すぐに克服できるものではないのですが、訓練と考え方の転換によっては、かなり克服できるものです。
初対面の人と話すとき、人見知りをする人は多いです。
お見合いの時は、朗らかに会話ができたほうが第一印象が良くなるのは当然です。
しかし、それがわかっていても、なかなかできないのが人見知りです。

人見知りであるがゆえにお見合いで失敗を繰り返し、出会いを逃して悔しい思いをしてきた人は少なくないでしょう。
人見知りをする人は、自分が話し掛けると相手に冷たい態度を取られたり、嘲笑されるのではと不安になります。
話し掛ける前に勝手に想像してしまい、口を閉ざしてしまうのです。
人見知りというのは一種の自己防衛で、自分の心のドアを開けないから、相手も心のドアを開けてくれないのです。

人見知りをしていないように振る舞おうとするとかえって過剰に反応してしまい、気疲れします。
人見知りをすることは決して恥ずかしいことではないと、ある意味開き直り、お見合いの時は、先に自分が人見知りだと伝えてしまえばいいのです。
そうすれば、上手に喋れなくても、お相手が合わせようとしてくれます。
人見知りでも丁寧に答えれば印象は悪くなりません。
お見合いの時は隠さずに人見知りと言う方がいいのです。

2014-10-28 09:01:00

縁結びはプロの仲人にお任せください

仲人の舘です。
プロの仲人がする縁結びと言えば、全国仲人連合会です。
最近では、入会だけさせてしまえば後はインターネットで勝手にやってね的な結婚相談所が多い中、全国仲人連合会には、素晴らしいプロの仲人が集結しています。
本当に中身のある、人間味あふれる結婚相談所になっています。
仲人としての想いが伝わる縁結びの場であり、プロの仲人が、幸せな結婚生活へと導いてくれます。

全国仲人連合会は、プロの仲人が、いつでも本音で対応しています。
少々厳しいことを言うこともありますが、それはしっかりとした縁結びを約束するためです。
大切なのは、常に味方であるということです。
結婚は縁とよく言われますが、縁の一言ですべてを片付けるのはよくありません。
縁とタイミングこそが大事で、幸せな結婚生活のためには、タイミングも重要になります。

袖触れ合うも多生の縁といいますが、全国仲人連合会は、幸せな結婚生活を送ってもらえるよう、プロの仲人が縁結びのために、誠心誠意お世話いたします。
また、結婚はゴールではなくスタートなので、私どもでは結婚までではなく、結婚生活までを考慮しています。
押しの一手で、結婚さえさせてしまえばいいと考える結婚相談所ではなく、これから始まる長い結婚生活までを見すえて、しっかりアドバイスしていきます。

1 2 3 4 5 6 7 8