仲人の舘の本気ブログ

2015-07-12 09:13:00

仲人の舘です。
近頃は正式に立てない例も多く見られますが、やはり結婚には仲人が付き物です。
仮に頼まれ仲人であっても、二人の門出を祝う大役を担うのですから挨拶はビシッと決めたいですね。
正式な仲人の立場にあれば二人を出会いの段階から知っているため、挨拶に先立って必要な情報は既に把握されているでしょう。
役割で言えば正式な仲人は二人の人生に関わるため責任がとても大きいですが、頼まれ仲人は挨拶の時にかかる重責が大きくなりそうですね。

結婚式での挨拶といっても難しく考える必要はなく、まずはテンプレートを使って考えてみましょう。
もちろんテンプレートをそのまま流用して挨拶にして問題ないのですが、仲人という大役を受けた以上は自分の言葉を使いたいですね。
しかし、一から十まで自分の言葉で挨拶をしようとすると仲人としての立場を忘れてしまうかも知れません。
テンプレートは単に集約された文言ではなく、要所を抑えた型なのです。

まず仲人として、結婚式が無事に済んだ事に対する報告をしなければなりません。
また、ご両家ご両親の紹介と新郎新婦の馴れ初めも欠かせませんね。
一つ一つを紐解いていくと、大まかな部分に違いは出てこないのです。
もちろん仲人が自分の言葉で感想を述べるところもあり、全く同じ挨拶というものは生まれません。
素敵な挨拶をするために、上辺だけでなく新郎新婦からよく話を聞いておく事が肝要です。

2015-07-11 09:04:00

仲人の舘です。
世の中には、様々な媒体から縁結びを応援する流れが存在します。
一見すると縁結びとはまるで関係ないような分野から、便乗と言うと下世話ですが気分転換に覗いてみても良いでしょう。
クラシック音楽の巨匠という一面以外にも民族音楽の研究家としての顔を持つバルトークですが、縁結びの歌という何とも気になる曲を作っていました。
古典音楽なので本来歌は付随しませんが、あえて歌詞を加えたものが動画サイトにアップされるなど注目を集めているようです。

本来は歌詞のなかった曲に歌詞を付ける流れは珍しいものではなく、縁結びの歌の以前にはミリオンヒットを記録した例もあります。
さて、あまり縁結びを意識してガツガツ聴くのではなく肩の力を抜くタイミングに使ってみると良いでしょう。
ルーツという訳ではありませんが、日本にも縁結びの歌があります。
山形県の若松寺は奈良時代に開山し、今では縁結び観音として知られています。

若松寺の場合は、縁結びの歌というより観音様を信仰する歌と言えるでしょう。
歌になるほどの信仰を集めていたとなると、大変なご利益が期待できそうですね。
首都圏からは少し遠いですが、祈願祭が毎月催されているので足を運んでみるのも良いでしょう。
縁結びに願いをかけるなら、やはり由緒あるところを選びたいものです。

2015-07-10 09:02:00

仲人の舘です。
お見合いが好感触だったからといって油断せず、次への繋がりはしっかり残しておきましょう。
家に帰ってから、お相手も家に着いて少し経ったと思われる頃を見計らって連絡したいものです。
内容は、今日のお見合いに対するお礼と、次の約束についてのやんわりとしたものです。
時間が経ってしまうと、何となく連絡するタイミングがわからなくなってしまい有耶無耶になりがちです。

結婚相談所を通してお見合いをした場合は、その段階ではお互いの連絡先を交換していない場合がほとんどです。
あくまで連絡は結婚相談所を通してという形になっており、守るべき約束なので注意しましょう。
結婚相談所に限らず、そのお見合いに仲介者がいる場合はそちらに連絡をするのが基本です。
お断りの方が気持ち的に言いにくいものですが、お相手に迷惑をかけてしまうため早めに決着を付けましょう。

どちらから連絡をしても問題はありませんが、やはり男性から先に連絡すると体裁が良いですね。
ただし連絡の仕方にはコツがあり、どんな内容でも良い訳ではありません。
次の段階に進むのであれば、相応の内容にする必要があります。
次の約束について、お見合い後すぐの連絡で決める必要はありません。
重要なのは、次に進む意思がある事を表明する事です。
詳しい日程は、まずお相手の意思を聞かない事にはわかりませんので。

2015-07-09 09:20:00

仲人の舘です。
婚活を始めてから結婚までこれといった障害もなく順調に、という方はかなり少ないかもしれません。
人と人との関わりですから思い通りにいかない事があるのは当然の事で、それなら悩む前に気持ちを整理しましょう。
思いつめても良い考えがまとまるとは限りませんし、何より健全ではありません。
そんな時は、気分転換も兼ねて地方の縁結びイベントに参加してみるのも良さそうです。

気分転換とは言っても、縁結びイベントと称していますから縁結びから離れる訳ではありません。
地方の自治体や団体が主体となって開催する事が多く、各地で様々な企画が立てられています。
中には男女を集めるだけで後は自由にという、かなりアバウトなイベントもあるようです。
一見すると雑なのですが結婚を意識した異性が集まる場所というのは、そうそう見つかるものではありません。
自由にと言っても地元のお祭りやら、何らかの形で遊ぶ場所は用意されているでしょう。

地方発の小さな縁結びイベントだからと侮る事はできず、これまでに数々の実績を残している企画もあります。
基本的に参加条件の厳しいものはありませんが、中には地方への移住を前提とした大掛かりなイベントもあるようです。
今までとは少し違った視点で婚活を考えてみると、案外ポロッと答えが出てくるかもしれません。

2015-07-08 09:00:00

仲人の舘です。
男女ともに、結婚のデッドラインはアラフォーとどこかで耳にした事があるかも知れません。
しかし、これは結婚に対して全ての条件を求めた時の話です。
妥協という訳ではありませんが、折り合いを付ける事でアラフォーの婚活も難しくはありません。
アラフォーに加えバツイチともなると、かなり厳しいように思えるかも知れませんが可能性は十分にあります。

目には目を、というわけではありませんがバツイチ同士だと可能性も大きくなってくるでしょう。
細かい事情は男性と女性とで異なりますが、アラフォーともなると人生設計の半分は済んでいます。
少しずつ老後を意識していく年代なので、同年代だと必ずしも子供は要求されるとは限りません。
年下を狙うとなると、お子さんがいらっしゃる方だと条件が緩くなるでしょうか。
20代と30代、それとアラフォーとでは結婚観が違ってくるのも当然です。

アラフォーに限らず、バツイチというのは婚活においてマイナスに作用するものです。
まずは、マイナス印象を持たれるという事を認識する必要があります。
しかし、卑屈になる必要はなく、一度の結婚という経験を武器にしましょう。
理想と現実の違いを見抜く目は養われていますから、咄嗟の時にも冷静な判断ができるでしょう。
アラフォーにしても人生経験で言えば若者の及ぶべくもない蓄積がありますから、結婚に対する意識を少し変えるだけで道が見えてきます。

1 2 3 4 5 6 7 8

今日から6ヶ月以内の結婚へ!仲人の舘がしあわせ婚メソッドを伝授!

ご縁を結んで、結んで、結び続けて30年!
カウンセリング年間1000件以上の恋愛のプロ!

  • 婚活って何をすればいいの?
  • 一人で婚活するのは不安だし
    活動中もサポートして欲しい
  • 恋愛経験が少ないんだけど
  • マッチングアプリや婚活パーティーはちょっと…
  • 結婚相談所ってどこがいいの?

1つでも当てはまった方は、仲人の婚活サポートを受けてみませんか?


はじめまして♪
ご縁を結んで、結んで、結んで30年、しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘と申します。
私のことを知らない方は、「仲人の舘」で検索してみてください!
実績は嘘を付きません。

婚活サービスを検索すると、マッチングアプリや婚活パーティー、結婚相談所などさまざまな選択肢があり、 どれが自分に合っているのか迷いますよね。
あなたが「本気で結婚をしたいのなら」なら、年間1000件以上の男女問題を解決している恋愛のプロである仲人の舘は、ズバリ 結婚相談所をオススメ します!

しかし、結婚相談所といっても数多く存在するので、選ぶのには注意が必要です。
結婚相談所を比較検討する際に、口コミやホームページなどを参考にすると思います。
ネット上にあふれている結婚相談所の口コミを見ると…

  • 入会前と話が違う
  • 対応が遅い 思っていたサポートが受けられない
  • 希望通りの人に会えない
などのカキコミを多く見かけます。
なぜ、結婚相談所にこういった口コミが多いのでしょう?
それは、「結婚相談所に入会さえすれば結婚相手が見つかる」という考えで、お金を払ってしまうことに原因があります。

また、結婚相談所のホームページには、良いことしか書かれていません。
「会員数○万人」「成婚率○○%」「今なら○○円」「カリスマ仲人」…等々、本当?と思っても真偽を調べるのは難しいです。
まずできることは、気になっている結婚相談所の住所を検索してみてください。
とくに携帯電話番号だけ、IP電話番号だけの場合には注意が必要です。
  • 住所が途中までしか書かれていない
  • マンションの部屋番号が抜けている
  • レンタルオフィスの住所
そこには本当に結婚相談所がありますか?
結婚相談所は、あなたの大切な個人情報を預ける所です。
住所を隠す意味って何でしょう?


結婚相談所をイメージで選ぶのはやめてください!

結婚相手を見つけるということは、お金で解決できるほど簡単な問題ではありません。
よく調べもせず、広告のうたい文句を鵜呑みにしてしまい、イメージや場所、料金だけで入会してしまうと、あとになってトラブルにつながります。
お金はどうにかなっても、時間だけは取り返しがつきません!

結婚相談所はサポートをしてもらうところ!
大事なのは、どこで活動するかではなく
誰にサポートしてもらうかです!

あなたがいま本気で結婚をしたいと思っているのであれば、一度立ち止まって考えてみてください。
結婚相談所を選ぶポイントは、誰があなたをサポートするかです。
同じお相手と出会っても、間に入るサポートが変われば、結果も変わってきます。
仲人の舘は法律遵守、活動しやすい安心の料金設定と、あなたの要望に合わせた距離感でサポートしていきます。
決してごり押しはいたしません。
仲人の舘が、あなたのペースに合わせて、しっかりと寄り添います。
まずは、仲人の舘の「婚活カウンセリング」を受けてください。
そして、幸せな結婚に向けて仲人の舘と一緒に進んで行きましょう!


仲人舘のしあわせ婚メソッド

♥全力サポートのために少人数担当制

あなたを全力でサポートして、幸せな結婚までナビゲートするためには、サポートについやす時間の確保が大切です。
大手結婚相談所は1人で100名以上の会員を担当していますが、仲人の舘の結婚相談所は少人数担当制で運営しています。
担当者がコロコロ変わる結婚相談所とは違います。
だからこそ、お一人おひとりとじっくり向かい合い、幸せな結婚までの目標を設定できるのです。
レスポンスが早く、いつでも相談に乗れる体制を整えています。
小さな結婚相談所ならではの、身近で手厚いサポートが特徴です。


♥出会いのチャンスを広げるネットワーク

仲人の舘の結婚相談所では、大手結婚相談所連携の「コネクトシップ」が利用できます。
「コネクトシップ」とは、リクルート、パートナーエージェントなどの各社と、会員の相互紹介プラットホームです。 ご登録が終わったら、すぐにお相手を閲覧でき、効率よくご活動いただけます。


♥活動しやすい安心の料金設定

大手結婚相談所は、入会時に十数万円の費用が必要になります。
仲人型結婚相談所では、数十万円の成婚料が必要になります。
仲人の舘の結婚相談所は、初期費用を安く、なんと成婚料も安く設定しました。
また、たくさんのお相手とお見合いして欲しいとの思いで、お見合い料を無料にしました。
成婚料は、結婚が決まったときに成果報酬としていただいておりますが、こちらも低価格です。
「成婚料0円」の結婚相談所もありますが、それは「成婚へのサポートがありません」とPRしているのと同じです。
あなたの幸せな結婚こそが、仲人の舘の一番の目標、そして喜びです!


お問い合わせはフォームから


ここまでお読みいただいたあなたへ

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
あなたが本気で結婚したいことはわかりました。
長々と書き連ねてきましたが、仲人の舘が本気で結婚したいあなたにお伝えしたいことはただ一つです。

結婚相談所は「仲人」で決めるべきだということです。

結婚はゴールではなく、あなたの新しい生活のスタートです。
こんな当たり前のことがわかっていない結婚相談所が世の中には数多く存在します。
中には利益のためだけに強引に成婚にもっていったり、サポートもせず放置している結婚相談所さえあります。

こうした結婚相談所に時間とお金をかけ、回り道をするのはもうやめましょう!
「結婚につながる出会い」というのは年齢とともに減少していきます。
「待っているだけ」「結婚相談所に入会しただけ」では、「あなたが求める結婚相手」に出会えないことは、もうおわかりかと思います。

もちろん、結婚にはご縁とタイミングが重要ではありますが、それよりも
「仲人のサポート」がなければ、結婚までのハードルを越えることはできません!
インターネット上でいくら会員情報を検索しようが、データマッチングでどれだけお相手を紹介されようが、それだけでは結婚につながることはありません。

お相手との出会いのとき、交際のとき、プロポーズのとき、あなたの立場になって真剣に考え、アドバイスしてくれる婚活のプロがいるからこそ、仲人の舘の結婚相談所は成婚率が高いのです。

仲人の舘にできること、それは結婚を本気で望むあなたを「幸せな結婚にナビゲートすること」です。
そのために少人数担当制を採用し、全力であなたをサポートしていきます。
仲人としてのこの熱い想いが少しでも伝われば幸いです。

はじめて婚活をする方、結婚相談所選びで迷われている方、気になることやお困りごとなどがありましたら、まずは仲人の舘の「婚活カウンセリング」を受けてください!


仲人の舘の婚活カウンセリングを受けてみませんか?

仲人の舘の本気ブログ