仲人の舘の本気ブログ

2017-08-24 08:28:00

婚活30代後半女性

仲人の舘です。
婚活30代後半女性というのは、実際のところ少々厳しい状況にあり、20代の頃には定期的に男性からの誘いがある人でも30代、それも後半になるとバッタリと言う人も少なくないでしょう。
このままではまずいと思って30代後半になって婚活を始める女性は多いのですが、男性のニーズと合致しないことが多いです。
30代後半婚活中の女性がなかなか結婚相手を見つけられないのは、自分と同い年か少し上や年下の男性を希望するからで、お相手の男性は若い女性を結婚相手に求めています。
男性が女性に若さを求めるのは、子供が欲しいという思いがあるからで、どうしても30代後半女性は敬遠されがちの傾向にあります。

いらないプライドが婚活の邪魔になっていることも多く、30代後半になって婚活を始めると、プライドを捨てきれていないことにふと気づきます。
お相手の男性に求めれば求めるほど、条件は厳しくなるのですが、婚活30代後半はそれでもプライドが捨てきれず、結果、婚活が上手くいかなくなるのです。
特にルックスに自信がある女性はこの傾向が強く、妥協できずになかなか結婚には踏み出せないようです。

いろいろな男性を見ているとどんどん理想は高くなるのは当たり前で、外見や性格、職業の条件などをあげているとキリがありません。
高すぎる理想は益々結婚を遠ざける原因になるので、これまで理想の人に出会えなかった現実を踏まえて、婚活30代後半女性は、限度を超えた理想には注意が必要です。

2017-08-23 08:32:00

結婚ラッシュ

仲人の舘です。
結婚ラッシュは人生で3回あると言われていて、まず第1回目は24歳から25歳くらいに訪れるようです。
この時期の結婚ラッシュは、学生時代からのカップルがゴールインするケースが多く、長年の付き合いから、そろそろ結婚しようかというパターンですね。
多くの場合、そうした理由で結婚するのですが、恋愛に対して能動的な人は第一次結婚ラッシュを逃す可能性があります。
自分が家庭に入ることを現実的に受け入れられず、恋多きライフを過ごしていると結婚を逃してしまうということです。
また、結婚よりも仕事優先の人は第一次結婚ラッシュを逃しやすく、結婚願望があっても理想が高すぎると結婚を逃してしまう原因になります。

結婚ラッシュ第2回目は28歳から29歳で、30歳になる前の駆け込み結婚の時期です。
付き合っている彼と20代のうちに何とか結婚したい、あるいは30歳になるまでに必死で彼氏を見つけて数ヶ月で結婚する人もいます。
焦りすぎではないかという印象も受けますが、30歳までに結婚したい女性心理は真剣です。

結婚ラッシュ第3回目は34歳から35歳で、この時期に訪れるのは、先延ばしにしていた結婚に対して、子供も欲しいのでそろそろしようかと考えるからです。
また、この時期を逃すともう後がないという切羽詰まった心境もあります。

2017-08-22 08:19:00

結婚って何

仲人の舘です。
結婚って何と言われると、誰もが即答するのは難しく、それだけ結婚する意味を説明するのは容易ではないということです。
どんなに婚活に励んでいる人でも、結婚願望が強い人でも、また既婚者であったとしても、結婚とは何かを具体的に説明するのは困難だということですね。

結婚すると家族が増え、パートナーがいつもそばにいてくれるので安心感があり、幸福感が得られます。
しかし一方で、人と一緒に生活すると、苦しいことや辛いこと、悲しいこともたくさんあり、楽しいことよりもむしろ試練のほうが多いくらいです。
特に今の時代は、結婚は個人の自由という考えが浸透しているので、結婚するというよりも恋愛を楽しむという風潮があります。

昔のように結婚は絶対的なものではなくなったのですが、しかしながらそれでも結婚したい人が多いのは、人間的に成長できるからでしょう。
昔は生活するためというのが、結婚する大きな意味として捉えられていたのですが、今の時代はお互いの気持ちを重視した結婚が多くなりました。
気持ちを重視した結婚は、人間的な成長につながり、何歳になっても成長できるというのは素晴らしいことです。
結婚すると他者と深い関係を築くことができ、生活の中で軌道修正ができるので、そのことでより良い人生を目指すことができるのです。

2017-08-21 08:39:00

結婚相談所と19歳

仲人の舘です。
一般的には結婚相談所に登録する場合、条件や入会資格、入会基準があって、誰もが登録できる訳ではありません。
結婚相談所には年齢条件があり、基本的には男性も女性も20歳以上の人が対象となるので19歳で登録するのは難しいです。
原則、ほぼ全ての結婚相談所においては、未成年は入会することはできず、それは婚活サイトでも同じのようですね。
年齢条件は原則、20歳以上の男女になるので、19歳の未成年者の場合、結婚相談所には登録ができないと思っておいた方かいいでしょう。
婚活サイトの中には、18歳以上であれば登録できるサイトもあるのですが、さすがに結婚相談所となると19歳から登録できるところは少ないです。

女性の場合、16歳から結婚できるので、19歳で結婚相談所に登録できても良さそうなものですが、実際には登録するのが難しいです。
ただ、一部の結婚相談所においては19歳からでも良いというところもあるみたいなので、どうしても結婚願望が強いなら、そうしたところを選ぶと良いでしょう。
より良いお相手と結ばれたいと思う気持ちは、若い時分からあっても不思議ではなく、19歳なら男性から人気が高く、需要はかなり高いに違いありません。
結婚相談所なら、男性も結婚を前提に登録しているので探しやすく、遊び半分ではないので、19歳でもお相手の中身をよく知ることで理想のお相手と出会えるかもしれませんね。

2017-08-20 08:25:00

バツイチの引け目

仲人の舘です。
今や結婚した男女の3組に1組は離婚する時代なので、バツイチと言われてもそれほど驚くことはなくなりました。
しかし、一度結婚の失敗を経験すると、恋愛に対してはどうしても臆病になりがちで、バツイチになったことで引け目を感じている男性は少なくありません。
バツイチ男性が恋愛に引け目を感じるのは、女性に女癖が悪いと思われていないかと思ってしまこともあります。
離婚の原因で多いのが男性の浮気なので、バツイチ男性は自身が不倫したと女性から思われているのではないかと心配します。
離婚のイメージは決して良いものではなく、バツイチの原因が浮気でないとしても、人格に何か問題があると思われていないかと妙な引け目を感じるものです。

嫁と姑の確執が離婚の原因であることも珍しくないので、親に問題があると思われていないかと思って引け目を感じるバツイチ男性も多いようです。
男性は意外とデリケートで、バツイチと付き合ったら不幸になるかもと思われていて、自分とは付き合ってくれないのではないかと悩んでいるのです。
バツイチ男性は、想像以上に色々なことを気に病んでいますが、ほとんどは取り越し苦労のことが多いので、そうした思いは払拭して積極的にアピールすることが大切です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...