仲人の舘の本気ブログ

2021-07-01 08:11:00
77条の2の再婚と姓

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
離婚した場合、ご自身と子供に関係してくる問題に、名字の問題があります。
婚姻姓を続けた者は、再婚したときに再婚姓を名乗れるのかが気になりますが、女性は離婚時に旧姓か婚姻姓の選択をすることが可能です。
それが民法の戸籍法にある第77条の2で、再婚の届出によって婚姻中の氏を選択することができると記されています。
この届出をした者が別の者と再婚した場合、その再婚相手の氏で婚姻することもできるのです。
またその者と離婚する場合、この第77条の2の届出をすることで、再婚相手の氏を名乗る形での離婚も可能です。

再婚後の戸籍は、再婚時に相手の氏で婚姻すると子供も相手の戸籍に入籍するので離婚等の記載はなく、再婚した者はその者自身の戸籍からの入籍が身分事項に記されます。
再婚時に自らの氏で婚姻して転籍をしない場合、戸籍法第77条の2により、離婚時に婚姻中の氏を選択したことになります。

離婚すると原則は旧姓に戻るのですが、離婚から3か月以内に届出をすれば、結婚していた際の姓をそのまま名乗ることができるのです。
77条の2の届出のメリットは、結婚していたときの氏を離婚後も引き続き使えるようになるところです。
昔の旧姓に戻るのではなく、この届出により、馴染んだ姓のまま日常生活を送ることができます。
ただ戸籍法77条の2の届けは無期限ではなく、離婚の日から3ヶ月以内の期限があるので、注意が必要です。

2021-06-30 08:08:00
婚活5年

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
どんなことでも長く続けていれば技術は洗練されていくものですが、こと婚活に関しては当てはまりません。
むしろ弊害のほうがきわだつようになるので、一年程度を目標にして活動すると良いでしょう。
5年というのは長すぎで、単純に結婚観が変化するまで十分すぎる期間です。
妥協というと聞こえは悪いですが、相手に求める基準を決めたのなら、それを達成した時点で終わりとするのが賢明でしょう。

もしかしたらもっと好条件の相手がいるのでは、と考えたくなるのは当然です。
私たちはこれを「もっともっと病」と呼んでいます。
それを始めてしまうとキリがなく、終わりも見えなくなります。
婚活が長期化する人は、この思考に陥っている可能性があります。
5年という期間を年齢で考えてみると、20代半ばから始めたとして30代に突入してしまうほどです。
自分の結婚観だけでなく、相手からの見られ方も相応に変化してくるでしょう。

理想が高すぎる以外にも婚活が長期化する原因があり、例えばアプローチ下手な場合です。
結婚しても良いと思える相手が自分に好意を持っていてグイグイ来てくれる、そんな状況はもう奇跡です。
自分から動かなければ何も始まらず、動くにしても何でも良いわけではありません。
自信がないからとオドオドしているようでは、たとえ目の前にチャンスがあってもつかみ取ることはできないでしょう。
まずは自信を持つことが、5年も10年も活動しないための一歩かもしれませんね。

2021-06-29 08:08:00
縁結びに効く色

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
ご周知のとおり、色には人の心に働きかける作用があります。
赤なら興奮、青なら沈静といったもの以外にも、さまざまなテーマをそれぞれが持っています。
婚活というと、やはりピンクを連想させる人が多いでしょうか。
単なるイメージの話ではなく、これはパワーストーンであるローズクォーツに由来したものです。
淡いピンクが魅力的な、装飾品としても人気の宝石ですね。

縁結びに関わらず、何らかの効果を期待して購入したお守りやパワーストーンを、買ってそのまま引き出しに仕舞っていませんか。
単なるお土産としてではなくご利益を期待したものであるなら、日頃から身に付ける、正確には持ち歩くようにしたいです。
その点で言えば、縁結びのローズクォーツは女性にとって持ちやすい色であり、抵抗も少ないでしょう。

ピンク以外にも、紅白などは縁結びと相性の良い色としてしばしば用いられることがありますね。
たとえば出雲大社で売られているお守り、というか糸なのですが、これが紅白のシンプルな糸ですから抜群に使い勝手が良いです。
お守りを、見えない形であっても持ち歩くことに抵抗がある方でも、糸なら何かに縫い付けてしまうなど幅の広い使い方ができるので気にもならないでしょう。

2021-06-28 08:12:00
バツイチの女性

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
男性が求める結婚相手の条件として、古今東西共通して若さがあげられるでしょう。
つまるところ子を産めるかという話に繋がり、現代の婚活においても年齢は一つの基準として用いられている感があります。
バツイチといっても年齢はさまざまで、20代でそうなる人もいれば30代でというケースも見られるでしょう。
女性の場合、ここでは年齢よりも子供の有無が重要になってくるかもしれません。

単純にバツイチというだけであれば、男性も女性も今はモテ要素として捉えられることが多いです。
結婚していたというのが何よりの証明になりますし、異性に対する理解も相応だと判断できるでしょう。
再婚に向けて必要なのは気持ちの切り替えだけですが、それが難しいので簡単にはいきません。
子供がいて再婚を目指す場合は、いない場合とはまた少し事情が違ってきますが、考え方次第ではそこまで難しくないでしょう。

相手にとっては自分だけ血の繋がりを持たないわけですから、再婚に向けて不安に思うのは当然です。
それでも問題ないという人はもちろんいますし、結局は相性の問題なので実際にどうかを先に判断することはできません。
お互いにバツイチなら、もう少しハードルは下がりそうですね。
ちなみに、女性には子供という要素がありましたが、男性には養育費という要素があることも忘れてはいけません。

2021-06-28 08:11:00
結婚ブログ

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
SNSの台頭により存在感が薄くなった印象こそありますが、発信力の強さで言えばブログだって負けていません。
テーマごとの掘り下げが多いので、読み始めると止まらなくなってしまうものもあるでしょう。
結婚という大きなテーマも、日常生活のことなのか、婚活のことなのか、それぞれでまったく違った内容のものがあります。
ここで取り扱うものとしては、やはり婚活がらみのものが中心になるでしょうか。

結婚ブログの婚活編といっても、年代と性別で更に細分化されます。
20代ではあまり需要がないかもしれませんが、30代や40代になると気になる人も増えてくるでしょう。
どうやって相手と出会ったのかという部分はもちろん、どんな活動をどのくらいしたのか、気になることは山ほどもあります。
あくまで、それはその人の体験なので正解例とは違いますが、悩んだり立ち止まったりしたときの参考にはなるでしょう。

結婚に向けた準備に関するブログは、汎用性が高く正解と言える話も多く出てくるでしょう。
結婚情報誌からもいろいろな情報が拾えますが、やはり素人目線で体験したという部分が貴重です。
親への挨拶でこんなことがあった、こういう準備をしておけば良かったなど、ただ漫然と正解を教えてくれるものとは異なります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...

今日から6ヶ月以内の結婚へ!仲人の舘がしあわせ婚メソッドを伝授!

ご縁を結び続けて30年!
カウンセリング実績毎年1000件以上の婚活のプロ!

  • 婚活といっても何をしたらいいかわからない
  • 一人での婚活には不安がある
    活動中もサポートしてほしい
  • あまり恋愛経験が多くないので自信がない
  • マッチングアプリや婚活パーティーはちょっと…
  • 結婚相談所の選び方がわからないから相談してみたい

1つでも当てはまった方は、仲人の婚活サポートを受けてみませんか?

はじめまして!
真剣に結婚を考えられている あなたをサポートする婚活のプロ 仲人の舘(たち) と申します。

今このページをお読みいただいているということは、 結婚を真剣に考えられていると思われます。

婚活サービスを検索すると、マッチングアプリや婚活パーティー、結婚相談所などさまざまな選択肢があり、 どれが自分に合っているのか迷ってしまうのではないでしょうか。

婚活のプロとして、あなたが「本気で結婚を考えられている」なら 「結婚相談所」を強くオススメ します。

しかし「結婚相談所」といっても数多く存在するので、選ぶのに注意は必要です。
「結婚相談所」を比較検討される際に、口コミなどを参考にすることがあると思います。
ネット上にあふれている「結婚相談所」の口コミを見ると、

  • 入会前の話と全然違う
  • 対応が遅い、思っていたサポートが受けられない
  • 希望通りの人に会えない…
などのカキコミを多く見かけます。
なぜ、「結婚相談所」にこういった口コミが多くあるのでしょうか。
それは、「結婚相談所」にお金を払えば結婚相手が見つかるという考えで入会してしまいがちだということに多く原因があります。


結婚相談所にお金を払えば
結婚できるという考えは
捨ててください!!

結婚相手を見つけるということは、お金で解決できるほど簡単な問題ではありません。
ましてや「結婚相談所」はボランティアではないので、コストがかかる上に、サービスにも限界があります。
だからこそよく調べもせず、広告を真に受けてしまい、イメージや場所、金額だけで入会してしまうと、こうした状況につながってきてしまいます。

結婚相談所はサポートをしてくれるところ!
大事なのは、どこで活動するかではなく
誰にサポートしてもらうか!

あなたがいま婚活を考えられていて、そして「結婚相談所」を検討されているのなら、ぜひ一度立ち止まって考えてみてください。
「結婚相談所」を選ぶポイントは、誰があなたをサポートするかです。
同じお相手と出会っても、間に入るサポートが変われば、結果も変わってきます。
仲人の舘は、活動を続けやすい安心の料金設定と、あなたの要望に合わせた距離感でサポートしていきます。
決してごり押しはいたしません。
仲人の舘があなたのためにできること、できないことをしっかり把握していただき、 あなたのペースに合わせてしっかりと寄り添います。
ぜひ一度、仲人の舘の「婚活カウンセリング」を受けてください。
そして一緒に始めてみませんか?


仲人舘のしあわせ婚メソッド

♥全力サポートのために少人数担当制

あなたを親身にお世話して、幸せな結婚までナビゲートするためには、サポートについやす時間の確保が大切です。
仲人の舘の結婚相談所は大手とは違い、少人数担当制で運営しています。
担当者がコロコロ変わる結婚相談所ではありません。
だからこそ、お一人おひとりとじっくり向かい合い、幸せな結婚までの目標を設定できるのです。
レスポンスが早く、いつでも相談にのれる体制を整えています。
小さな結婚相談所ならではの、身近で手厚いサポートが特徴です。


♥出会いのチャンスを広げる仲人ネットワーク

仲人の舘の結婚相談所は、地域の仲人ネットワークである「全国仲人連合会」に加盟しています。
「全国仲人連合会」は明朗でわかりやすい結婚相談をコンセプトに、会員・成婚第一主義の基本理念に共感した仲人たちの集まりです。
同時に大手結婚相談所も加盟する「コネクトシップ」が利用でき、約30,000人(2021年3月データ)もの中からお相手選びができます。
さらに、「JBA」のデータも利用することも可能です。
ご入会されたら、すぐにお相手を閲覧でき、効率よくご活動いただけます。
地域の仲人や大手結婚相談所との提携で、あなたの出会いのチャンスを最大限に広げます。


♥結果が出たらの成果報酬型

大手結婚相談所では、入会時に数十万円の費用が必要になります。
仲人の舘では初期費用を抑え、敷居を低く設定しました。
そして目標が達成できたときに成果報酬としての「成婚料」をいただいています。
「成婚料なし」の結婚相談所も多くありますが、それは「成婚へのサポートがありません」とPRしているのと同じです。
あなたの幸せな結婚が私たちの一番の目標、そして喜びです!


お問い合わせはフォームから!


ここまでお読みいただいたあなたへ

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
長々と書き連ねてきましたが、私があなたにお伝えしたいことはただ一つです。

結婚相談所は「仲人」で決めるべきだということ。

結婚はゴールではなく、あなたの新しい生活のスタートです。
こんな当たり前のことがわかっていない結婚相談所や仲人が世の中には数多く存在します。
中には利益のためだけに強引に成婚にもっていったり、サポートもせず放置しているところもあります…。

こうしたところに時間とお金をかけ、回り道をするのはもうやめましょう!
「結婚につながる出会い」というのは年齢とともに減少していきます。
「待っているだけ」「結婚相談所にお金を払っただけ」では「あなたが求める結婚相手」に出会えないことは、もうおわかりかと思います。

当然、結婚にはご縁とタイミングが重要ではありますが、それよりも
「結婚相談所のサポート」がなければ、結婚までのハードルを越えることはできません!!
インターネット上でいくら会員情報を検索しようが、データマッチングでどれだけお相手を紹介されようが、それだけでは結婚につながることなどありません。

お相手との出会いのとき、交際のとき、プロポーズのとき、あなたの立場になって真剣に考え、アドバイスしてくれる婚活のプロがいるからこそ、仲人の舘の結婚相談所は成婚率が高いのです。

私にできることは、結婚を本気で望むあなたを「幸せな結婚」にナビゲートすることだけです。
そのために少人数担当制を採用し、全力であなたをサポートしていきます。
だからといって結婚を押し付けたり、無理をさせたりなどは一切いたしません。
仲人としてのこの熱い想いが少しでも伝われば幸いです。

はじめて婚活をする人、結婚相談所選びで迷われている人、気になることやお困りごとがありましたら、仲人の舘の「婚活カウンセリング」を受けてください。


お問い合わせはフォームから!

仲人の舘の本気ブログ