仲人の舘の本気ブログ

2023-05-15 09:33:00
ハートの絵馬

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
愛知県犬山市にある「三光稲荷神社(さんこういなりじんじゃ)」。
城山の麓に建てられた、歴史ある神社です。
また古くより「三光寺さん」と呼ばれ、地元をはじめ多くの人から親しまれて、信仰を集めてきました。

毎年7月22日の三光稲荷神社の大祭日には、暗くなってから、火を灯した提灯を笹の先につけ、家族で参拝に出かける風習があるそうです。
またその日は、木曽川下流にたくさんの提灯を灯した巻き藁舟がお囃子を奏でながら浮かびます。
それが大変幻想的で、夏の風物詩として親しまれ愛されています。

そんな三光稲荷神社内にある「姫亀神社」が、男女良縁、家内円満、夫婦和合のご神徳です。
そのすぐそばに連なる、朱い鳥居が美しい景観を作り出しています。
そして女性やカップルの多くが、三光稲荷神社内に訪れる目的としているのがハートの絵馬です。
かわいらしいピンクのハート形の絵馬で、朱い鳥居のそばにその絵馬をかけられるようになっています。
その一角は、強い縁結びのパワーもらえそうな雰囲気が漂っています。

それから、本殿横には、おもかる石と呼ばれる石もあり、人気があります。
目を閉じて石の前に立ち、願い事を頭に思い浮かべながら石を持ち上げます。
軽いと感じたらその願いは叶うと言われているそうです。

2023-05-14 08:21:00
玉の輿をねらうなら…

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
京都市北区にある「今宮神社(いまみやじんじゃ)」。
京都に数多くある縁結び神社の中でも、今宮神社は「玉の輿」にご利益がある神社と言われています。

徳川将軍五代将軍綱吉公の生母桂昌院(けいしょういん)が「お玉さん」と呼ばれていたそうです。
お玉さんが、三代将軍家光の側室にあがり、後に将軍の生母として大奥で際立った華やぎの時を過ごし、従一位という女性として最高位にまで昇り詰めた事から「玉の輿」という言葉の語源とされています。
桂昌院は故郷である西陣の繁栄に注力するとともに、今宮神社の再興にも力を尽くしたということです。

境内では「運をひらく玉の輿お守」を購入できます。
桂昌院が八百屋の娘であったことから、このお守りには加茂茄子、聖護院大根、金時人参といったいわゆる京野菜が描かれているのも素敵です。
さまざまな淡い色の玉の輿お守りが置かれていますので、それを選ぶのも、参拝の後の楽しみの一つになりそうです。
今宮神社では重要無形文化財の指定も受けた「やすらい祭」や伝統ある「今宮祭」など、由緒ある祭礼が毎年行われている一方で、ネクタイ感謝焼納祭といった、使わなくなったネクタイに感謝しながら焼納できる、他では見られない珍しい祭事も行われています。

2023-05-13 07:59:00
結婚相談所と50代

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
近年、価値観の多様化が進む中、結婚の適齢期といった概念さえ、もはや過去のものになりつつあると感じます。
女性の場合、出産のリミットを考えれば、結婚年齢は早い方が良いと言えますが、出産を望まない人生も選択肢の一つという価値観が定着しつつあります。
出産や育児を除いて考えれば、いくつになっても前向きに婚活をして良いという考えが今後広がるように思います。

実際40代や50代で結婚をして、その後幸せな人生を送っている人は多くいらっしゃいます。
40代でも50代であっても、結婚したいと思った時が、婚活の始め時ということです。
50代というと、再婚のための婚活というイメージがありますが、生涯未婚率が上昇を続けている現代では、50代の独身男女も同時に増加しています。

50代で結婚経験はない、でも良い人と巡りあえれば結婚したい…。
そんな人も少なくないのです。
そんな人にこそ、結婚相談所がおすすめです。
大人になると恋愛を始めるのも難しくなってしまいますが、結婚相談所であれば、最初から結婚を希望している人を紹介してもらえます。
そのうえ、相手の年収や職業、家族構成など身辺状況も最初から把握できて、とても安心です。

人生100年と言われる時代ですから、50代からでも全く遅くはありません。
寄り添って生きていける相手を見つけ、一緒に年をとっていく人生もとても素晴らしいと考えます。

2023-05-12 09:46:00
扇子ブーケ

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
扇子ブーケをご存知でしょうか。
扇子に花や装飾をつけたもので、近年、和装の花嫁に人気です。
和装の花嫁衣装の場合、扇子を持つことが多いですが、その扇子に、花や飾りをつけることで、扇子が花束のブーケのように華やかな印象に変わります。
作り方は簡単で、手作りすることもできます。

用意するものは…
・扇子
・造花や水引きなど、つけたい飾り
・グルーガンまたはボンド

100円ショップなどでも用意できる材料で、作ることができます。
水引きはご祝儀袋などについているものをそのままはがして使うのがお手軽です。
飾りには、水引き意外にも和紙や和柄の折り紙を使っても良いですね。

作り方は簡単で、扇子にグルーガンやボンドを使って、花や飾りをつけていくだけです。
造花は茎の部分を切り、フローラルテープ等で先にまとめておくと、扇子に取り付け安いです。
ピンポンマムや紅葉、桜などの和風の花が扇子にとても良く合うのでオススメです。
また扇子にあえてバラやユリ、ダリアなどの洋風な花を合わせるのも素敵です。
また、扇子は全部開かずに、半分開いた状態で、花や飾りをつけて固定するのも品のある仕上がりになりオススメです。

2023-05-11 07:59:00
各都道府県の結婚支援の取り組み(茨城県)

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
各都道府県で結婚支援の取り組みが行われていますが、今回は、茨城県の取り組みを紹介します。

茨城県では、いばらき出会いサポートセンター「であイバ」が設置されています。
「であイバ」は結婚を誠実に望む独身男女に、出会いの機会を提供する茨城県の公的な結婚支援サービスです。
現在会員数は3,373人で、成婚数は2,000組以上の実績があります。
水戸センターと県南センターがあり、登録会員のパートナー探しのお手伝いをしています。
そしてAIによるマッチングシステムの導入と、オンラインお見合いの実施で、便利に利用できるようになりました。
その他にも、たくさんの人と出会いたい人向けには、婚活イベントの開催や紹介をされています。

また、マリッジサポーターという茨城県から委嘱されたボランティアが相談にのってくれるのも特徴の一つです。
結婚を希望する方に結婚相談・出会いの仲介・お見合いまでをサポートしています。
県内5地区(県北・県央・鹿行・県南・県西)に「マリッジサポーター地域活動協議会」があり、定期的に結婚希望者の情報交換を行ったり、婚活パーティーや結婚相談会の企画・運営を行っています。
茨城県においては、このボランティアサポーターの活動が他県と比べても、とても活発です。
結婚を希望する独身者にとっては、とても心強い味方といえます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...

今日から6ヶ月以内の結婚へ!仲人の舘がしあわせ婚メソッドを伝授!

ご縁を結んで、結んで、結び続けて30年!
カウンセリング年間1000件以上の恋愛のプロ!

  • 婚活って何をすればいいの?
  • 一人で婚活するのは不安だし
    活動中もサポートして欲しい
  • 恋愛経験が少ないんだけど
  • マッチングアプリや婚活パーティーはちょっと…
  • 結婚相談所ってどこがいいの?

1つでも当てはまった方は、仲人の婚活サポートを受けてみませんか?


はじめまして♪
ご縁を結んで、結んで、結んで30年、しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘と申します。
私のことを知らない方は、「仲人の舘」で検索してみてください!
実績は嘘を付きません。

婚活サービスを検索すると、マッチングアプリや婚活パーティー、結婚相談所などさまざまな選択肢があり、 どれが自分に合っているのか迷いますよね。
あなたが「本気で結婚をしたいのなら」なら、年間1000件以上の男女問題を解決している恋愛のプロである仲人の舘は、ズバリ 結婚相談所をオススメ します!

しかし、結婚相談所といっても数多く存在するので、選ぶのには注意が必要です。
結婚相談所を比較検討する際に、口コミやホームページなどを参考にすると思います。
ネット上にあふれている結婚相談所の口コミを見ると…

  • 入会前と話が違う
  • 対応が遅い 思っていたサポートが受けられない
  • 希望通りの人に会えない
などのカキコミを多く見かけます。
なぜ、結婚相談所にこういった口コミが多いのでしょう?
それは、「結婚相談所に入会さえすれば結婚相手が見つかる」という考えで、お金を払ってしまうことに原因があります。

また、結婚相談所のホームページには、良いことしか書かれていません。
「会員数○万人」「成婚率○○%」「今なら○○円」「カリスマ仲人」…等々、本当?と思っても真偽を調べるのは難しいです。
まずできることは、気になっている結婚相談所の住所を検索してみてください。
とくに携帯電話番号だけ、IP電話番号だけの場合には注意が必要です。
  • 住所が途中までしか書かれていない
  • マンションの部屋番号が抜けている
  • レンタルオフィスの住所
そこには本当に結婚相談所がありますか?
結婚相談所は、あなたの大切な個人情報を預ける所です。
住所を隠す意味って何でしょう?


結婚相談所をイメージで選ぶのはやめてください!

結婚相手を見つけるということは、お金で解決できるほど簡単な問題ではありません。
よく調べもせず、広告のうたい文句を鵜呑みにしてしまい、イメージや場所、料金だけで入会してしまうと、あとになってトラブルにつながります。
お金はどうにかなっても、時間だけは取り返しがつきません!

結婚相談所はサポートをしてもらうところ!
大事なのは、どこで活動するかではなく
誰にサポートしてもらうかです!

あなたがいま本気で結婚をしたいと思っているのであれば、一度立ち止まって考えてみてください。
結婚相談所を選ぶポイントは、誰があなたをサポートするかです。
同じお相手と出会っても、間に入るサポートが変われば、結果も変わってきます。
仲人の舘は法律遵守、活動しやすい安心の料金設定と、あなたの要望に合わせた距離感でサポートしていきます。
決してごり押しはいたしません。
仲人の舘が、あなたのペースに合わせて、しっかりと寄り添います。
まずは、仲人の舘の「婚活カウンセリング」を受けてください。
そして、幸せな結婚に向けて仲人の舘と一緒に進んで行きましょう!


仲人舘のしあわせ婚メソッド

♥全力サポートのために少人数担当制

あなたを全力でサポートして、幸せな結婚までナビゲートするためには、サポートについやす時間の確保が大切です。
大手結婚相談所は1人で100名以上の会員を担当していますが、仲人の舘の結婚相談所は少人数担当制で運営しています。
担当者がコロコロ変わる結婚相談所とは違います。
だからこそ、お一人おひとりとじっくり向かい合い、幸せな結婚までの目標を設定できるのです。
レスポンスが早く、いつでも相談に乗れる体制を整えています。
小さな結婚相談所ならではの、身近で手厚いサポートが特徴です。


♥出会いのチャンスを広げるネットワーク

仲人の舘の結婚相談所では、大手結婚相談所連携の「コネクトシップ」が利用できます。
「コネクトシップ」とは、リクルート、パートナーエージェントなどの各社と、会員の相互紹介プラットホームです。 ご登録が終わったら、すぐにお相手を閲覧でき、効率よくご活動いただけます。


♥活動しやすい安心の料金設定

大手結婚相談所は、入会時に十数万円の費用が必要になります。
仲人型結婚相談所では、数十万円の成婚料が必要になります。
仲人の舘の結婚相談所は、初期費用を安く、なんと成婚料も安く設定しました。
また、たくさんのお相手とお見合いして欲しいとの思いで、お見合い料を無料にしました。
成婚料は、結婚が決まったときに成果報酬としていただいておりますが、こちらも低価格です。
「成婚料0円」の結婚相談所もありますが、それは「成婚へのサポートがありません」とPRしているのと同じです。
あなたの幸せな結婚こそが、仲人の舘の一番の目標、そして喜びです!


お問い合わせはフォームから


ここまでお読みいただいたあなたへ

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
あなたが本気で結婚したいことはわかりました。
長々と書き連ねてきましたが、仲人の舘が本気で結婚したいあなたにお伝えしたいことはただ一つです。

結婚相談所は「仲人」で決めるべきだということです。

結婚はゴールではなく、あなたの新しい生活のスタートです。
こんな当たり前のことがわかっていない結婚相談所が世の中には数多く存在します。
中には利益のためだけに強引に成婚にもっていったり、サポートもせず放置している結婚相談所さえあります。

こうした結婚相談所に時間とお金をかけ、回り道をするのはもうやめましょう!
「結婚につながる出会い」というのは年齢とともに減少していきます。
「待っているだけ」「結婚相談所に入会しただけ」では、「あなたが求める結婚相手」に出会えないことは、もうおわかりかと思います。

もちろん、結婚にはご縁とタイミングが重要ではありますが、それよりも
「仲人のサポート」がなければ、結婚までのハードルを越えることはできません!
インターネット上でいくら会員情報を検索しようが、データマッチングでどれだけお相手を紹介されようが、それだけでは結婚につながることはありません。

お相手との出会いのとき、交際のとき、プロポーズのとき、あなたの立場になって真剣に考え、アドバイスしてくれる婚活のプロがいるからこそ、仲人の舘の結婚相談所は成婚率が高いのです。

仲人の舘にできること、それは結婚を本気で望むあなたを「幸せな結婚にナビゲートすること」です。
そのために少人数担当制を採用し、全力であなたをサポートしていきます。
仲人としてのこの熱い想いが少しでも伝われば幸いです。

はじめて婚活をする方、結婚相談所選びで迷われている方、気になることやお困りごとなどがありましたら、まずは仲人の舘の「婚活カウンセリング」を受けてください!


仲人の舘の婚活カウンセリングを受けてみませんか?

仲人の舘の本気ブログ