仲人の舘の本気ブログ

2018-11-05 08:32:00

縁結びの有名どころ

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
日本全国には実に多くの神社があり、大小合わせれば8万社を超えるほどです。
その数はコンビニをはるかに圧倒し、私達の生活に深く根付いた存在と言えるでしょう。
初詣をはじめ、合格祈願や恋愛成就など、さまざまな機会に神社を訪れます。
祀られている神さまの性質もさまざまで、とりわけ関心の高い神さまは縁結びの神さまでしょうか。
日本で最も有名な縁結びの神さまと言えば、言わずと知れた大国主命でしょう。

出雲大社に祀られていることで有名な大国主命ですが、遠路はるばる島根県まで行かなければならないということはありません。
出雲大社の分祠、分院は日本全国に点在しているので参拝するのにはそれほど苦労しないのです。
有名な神社は他にもあり、伊勢神宮と川越氷川神社は出雲大社に匹敵するほどの人気と知名度があります。

有名だから他の神社よりご利益も強い、ということはないでしょう。
有名な縁結び神社に参拝するだけで成果が得られるなら、誰も苦労はしません。
そんな甘い考え方は、神さまに見透かされてしまうかもしれません。
信仰心を試されるようなことはないと思いますが、参拝の方法くらいは事前に知っておくとスマートです。
とくに、出雲大社は他の神社と比べて独特なので注意しましょう。

2018-11-04 08:45:00

お見合いってどうやるの?

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
女性は艶やかな着物に身を包んで高級料亭を借りて、という何かで見たようなお見合いは最近ほとんど見かけません。
今、お見合いと言えば、ホテルのラウンジなどでお茶をする程度のものを指すでしょう。
両親や仲人は同席しませんし、当人だけで軽く話をするだけです。
そうなるとがぜん気になってくるのが、お見合いってどうやるのということでしょうか。
そもそも、どうやってセッティングされるのか等々気になるところはいろいろ出てきそうですね。

お見合いってどうやるのという疑問に対して、オーソドックスなケースは結婚相談所を経由するものでしょう。
言い換えればマッチングということになり、お互いに承諾した者同士が会って実際に確かめる場です。
形式的なものなのでかしこまった場所は必要ではなく、かと言って適当な場所を指定されても困るので、落ち着いた雰囲気のところが好まれます。

細かいセッティングに関しては結婚相談所の仲人がやってくれるので、そこは気にしなくても大丈夫です。
残るお見合いってどうやるのという疑問は、実際の進行でしょうか。
世間話をしても仕方ありませんし、ダラダラと時間をかけるのもいけません。
プロフィールに書いた情報の、より詳しい部分について話をする場と言えばイメージし易いでしょうか。
実際に話をして人となりが見えることもありますし、このお見合いはとても重要な機会です。
仲人の舘なら、お見合いの前に不安がなくなるまでのレクチャーをしますので、安心してお見合いを楽しんでいただけます。

2018-11-03 08:38:00

結婚相談所は売れ残りの集団?

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
婚活をはじめるにはさまざまな方法がありますが、出会いを真剣に求めるなら結婚相談所がオススメです。
結婚相談所に対して、どうせロクな男性がいないだろうという女性がよくいます。
そういう意見があるのは、結婚相談所は売れ残りのイメージがあるからで、男性は薄毛とか肥満とか清潔感がない人やモテない人が多そうな感じがするようです。
たまにイケメンがいてもバツイチとか、性格に問題があるなど、そう考えると結婚相談所に頼りたくないと思うのは当然かもしれません。
しかし、結婚相談所は決して売れ残りの集団ではなく、イメージで決めつけるのはよくないです。

人との出会いを頭ごなしに否定するのはナンセンスで、結婚相談所に来る人は男女問わず千差万別です。
高収入のイケメンなのに、仕事が忙しくて、ただ出会いの機会がないだけ、なんていう人も中にはいます。
女性も婚活で苦しむアラサーを多く見てきているので、20代から結婚相談所に来られる人もいます。
だから結婚相談所に登録している人は売れ残り集団と決めつけてしまうのは失礼です。
特定のお相手がいないなら自分も結婚相談所に入会すべきで、真面目に婚活している人をバカにする権利はありません。
社会人になると自然な出会いは期待できないので、自分でお相手を見つける自信がない人で、外見や離婚歴などお相手に条件を出すのなら、結婚相談所を活用すべきです。
まずは、仲人の舘にご相談ください。

2018-11-02 08:53:00

ご縁と結婚

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
人と比べて十分な年収があるからいつでも結婚できる、なんてことはありません。
お相手があっての結婚ですから、たとえさまざまな条件が十分なものだとしても自分だけではどうにもなりませんね。
とりわけ、必要と考えられているものがご縁です。
これさえあれば結婚は約束されたも同然、というわけではありませんが、大きく前進することは間違いないでしょう。

どういうわけか結婚できないというカップルは多く、そこにご縁の有無が関わっているかもしれません。
もう少し具体的な表現を使うと、相性の問題と言えるでしょうか。
条件的にまったく問題ないお相手と結婚できないのは、心のどこかで否定する感情があるのかもしれませんね。
じゃあ感情に任せておけば良いのかというと、それはそれで別の問題が出てきます。

よほど自分に自信のある方ならご縁を待っているだけでも良いですが、普通の人がこれをやっていたのではいつまでも結婚できません。
結婚というのは何十年も続けていくものですから、出会いの時点の印象より、出会ってからのほうが重要という見方もできます。
あまり一つの考え方にとらわれ過ぎずに、いろいろな可能性を探求してみましょう。
誰かが引き合わせてくれた、偶然そこで出会ったというのも一つの立派なご縁です。
ご縁は誰にでもあるものです。
そのご縁をたどり寄せることが難しいと思ったなら、仲人の舘にご相談ください。

2018-11-01 10:57:00

ほっとタウン(2018年11月1日号)に掲載されました!

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
平成30年11月1日発行の「ほっとタウン」(No.359)に、全国仲人連合会・東京地区本部の広告が掲載されています。
「ほっとタウン」は公益財団法人荒川区芸術文化振興財団により、荒川区全域に新聞折り込みなどで76,500部発行されています。
今回の荒川の人はアーティストの城戸真亜子さん。
南千住駅から私どもの結婚相談所への通り道には、城戸真亜子さんが手がけた、水と音楽と音の妖精をモチーフにしたオブジェ「リバーハープの仲間たち」が設置されています。
南千住サロンにいらしたときにはぜひご覧ください。
ご相談は無料です。
ご予約をお待ちしております。