仲人の舘の本気ブログ

2021-01-12 08:12:00
再婚した時の前妻への報告

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
再婚が決まった場合、前妻に報告するのは果たして義務なのでしょうか。
不仲で離婚をしている場合は、とくに連絡を取りたくないですが、再婚報告はどこまでしたらいいのかよくわからないものです。
たとえば子供がいる場合、報告は変わってくるのかなど、再婚報告についてはいろいろと疑問があります。

どちらかが再婚した場合の報告義務は法律上あるかと言うと、基本的に報告をする法律上の義務はありません。
収入の増減や新たなパートナーとの子供が産まれた場合など、養育費に関わる報告義務についても、報告をする法律上の義務はないようです。
ただ子供と再婚相手との間で養子縁組がされた場合、子の扶養義務は養親が負うことになるので、養育費の減額を求められる可能性はあります。
再婚したときの前妻への報告は、伝えたい場合は伝えれば良く、伝えたくない場合は言わなくても問題はありません。
しかし子連れ再婚の場合には少し違い、子連れ再婚だからといって必ず伝えなければいけない問題ではありませんが、養育費の問題があります。

再婚をした場合に前妻に報告しなければならないケースは、法廷離婚をしたときに再婚した場合の報告をする約束事をしている場合です。
その場合には、報告する義務が発生するわけで、要するに再婚の報告義務に関しては、離婚時にどういう内容の調停証書や公正証書を作成したかによります。
離婚協議書等で報告することを約束していなければ、報告する義務はないでしょう。

2021-01-11 08:11:00
バツイチは嫌?

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
世の中には、バツイチは1度結婚しているから基本的に肯定することはできないという意見があります。
確かにバツイチは肯定すべきものではなく、自分が初婚なら結婚したくないと思う気持は理解できます。
なぜバツイチは嫌だと思われるのかと言うと、何かあったのだろうなと思わせる部分があるからです。
男女関係なくバツイチの人はクセがあったり、自己中だったりすることがよくありますよね。

バツイチの人が離婚理由を話す際、かなり高い確率で、自分も悪かったけど離婚の原因は相手だと言うケースが多いです。
責任感がないというイメージもバツイチが嫌がられる理由の1つで、たとえば5年もしないで離婚するというのは責任感がないないと思われてしまいます。
お互いの親にも会って約束を交わしたのに、やっぱり嫌で離婚したという風に思えてしまうからで、我慢できないタイプなのかなというイメージがあります。

実際に一度結婚した人は再婚希望者が多く、失敗したのに必死で次の相手を探している姿に嫌悪感を抱く、と言う人もいるようですね。
これらのバツイチに対するイメージは勝手な見解で、かなり偏っているようではありますが、そうした理由でバツイチが無理な人は多いです。
もちろん、それでもバツイチが素敵だという意見も一方ではあるわけで、何が素敵に映るのかは人それぞれということなのでしょう。

2021-01-10 08:11:00
離婚経験者との恋愛

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
お互いにバツイチ同士だと相手の気持ちも理解しやすいですが、一方に離婚歴があって相手が未婚というカップルもいますよね。
好きになった相手がバツイチの場合、結婚経験のない相手は交際する際には配慮する必要があります。
離婚という辛い経験を乗り越えてきた人たちは、トラウマとなっている出来事がある可能性が非常に高いからです。

離婚経験者の中には結婚や恋愛はこりごりだと思っている人が少なくないので、そんな人の心を開かせ、幸せなお付き合いをするには注意すべきポイントがあります。
まず離婚経験者は、また傷つくくらいなら一人でいいとか、二度と相手選びで失敗したくないという不安を抱えています。バツイチの人と幸せになりたいなら、まずはその人がなぜ離婚をしたのか離婚理由をきちんと聞き出すことです。
知りたくない事実も含まれているかもしれませんが、離婚経験者と真剣にお付き合いするなら、離婚の理由を尋ねるところから始めましょう。

信頼関係を築きながら少しずつ気持ちを理解していき、たとえ浮気や借金などが原因で離婚したとしても、その過去を否定しないことです。
些細なことでも褒めるようにしたり、認めてあげたりする言葉をかけてあげると、離婚経験者は想像以上に喜んでくれるものです。
相手の気持ちに共感することが大切で、大変だったねとか、理解できるなど、過去を否定しないような言い方で励ましてあげましょう。

2021-01-09 08:11:00
バツイチタレントの話

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
DVなど極端な原因でもない限り、バツイチが敬遠される時代ではありません。
むしろ婚姻歴という経験を大きく評価され、人気を集めることもあります。
一方、タレントはイメージに大きく関わる仕事なのであまり公にしないケースも見られますね。
と言ってもスキャンダルさえ仕事に繋がる特殊な業界ですから、隠そうと思って隠しきれるものでもありません。
結婚したのは知っていたけど離婚していたんだ、というタレントも案外多いかもしれませんね。

クイズ女王として一躍ブレイクし、最近では写真集がベストセラーになるなど今をときめく宮崎美子さんですが、実は離婚歴があります。
また離婚以降は独身という点も、かなり意外に思われるかもしれません。
大物芸能人で言えば、原田知世さんがバツイチというのもかなり意外に見えそうです。
あまりプライベートを話すことのないタレントだと、そのイメージのまま勝手に想像してしまう影響もあるのでしょう。

そもそもタレントの場合、一般人と比べて生活がかなり不規則です。
結婚しても普通の生活が送れなければ、バツイチのリスクも当然高くなるでしょう。
一般人の立場で言えば、出張が多い職種などが該当するでしょうか。
決定的に異なる点としては、やはり異性との出会いが格段に多いところです。
実際に不倫するかどうかは別として、そういった話は多いですし不安になるのも仕方ありません。

2021-01-08 08:08:00
婚活パーティーの服装

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
婚活パーティーの服装は、異性に好印象を与えるものでなければならないので、十分な配慮が必要です。
初対面の相手がどんな人なのかを判断する場合、見た目の印象に頼らざるを得ないので、服装にはしっかりと気を配らなければなりません。
良い印象を持った相手と話す機会を持ち、より深く知っていく形になるのが婚活パーティーなので、最初の印象が悪いと自分の魅力をアピールする前に避けられてしまいます。

婚活パーティーでは、男女ともシンプルで清潔感のある服装がオススメです。
とくに男性は女性に対して清潔感のある服装を好む傾向があるので、派手すぎるファッションは避けるべきです。
婚活パーティーでは露出が多い服装は良い印象を与えず、軽そうとか、遊んでいそうといったマイナスの印象を持たれてしまいます。
肌を見せるなら少しだけ見せるようにすることが大事で、上品かつ魅力的に見せるようにしましょう。
暑い季節は涼しげな服装が好まれるのである程度の露出は大丈夫ですが、ほどほどの露出で女性らしさを演出することですね。
たとえばトップスの露出の多いデザインを選ぶ場合は、ボトムスの露出を控えるようにするなど工夫すると、全身でバランスを取ると上品に見せることができます。
婚活パーティーでは、女性の服装の良し悪しを評価するのが男性の目になるので、女性らしい服装を心がけましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...

今日から6ヶ月以内の結婚へ!仲人の舘がしあわせ婚メソッドを伝授!

ご縁を結び続けて30年!カウンセリング実績年間1000件以上!全国の30代、40代を6ヶ月以内で結婚へとナビゲートする婚活のプロです!

  • 婚活といっても何をしたらいいかわからない
  • 一人での婚活には不安がある
    活動中もサポートしてほしい
  • あまり恋愛経験が多くないので自信がない
  • ネット婚活やパーティーはちょっと・・・
  • 結婚相談所の選び方がわからないから相談してみたい

1つでも当てはまった方は、仲人の婚活サポートを受けてみませんか?

はじめまして!
真剣に結婚を考えられているあなたをサポートする仲人の舘(たち) と申します。

今このページをお読みいただいているということは、 結婚を真剣に考えられていると思われます。

婚活サービスを検索すると、ネット婚活やパーティー、結婚相談所などさまざまな選択肢があり、 どれが自分に合っているのか迷ってしまうのではないでしょうか。

私は、あなたが「本気で結婚を考えられている」なら
「結婚相談所」を強くオススメします。

しかし「結婚相談所」といっても数多く存在するので、選ぶのに注意は必要です。
「結婚相談所」を比較検討される際に口コミ等を参考にすることがあると思いますが、ネット上にあふれている「結婚相談所」の口コミを見ると、

  • 入会前の話と全然違う
  • 対応が遅い、思っていたサポートが受けられない
  • 希望通りの人に会えない、等々
などのカキコミを多く見かけます。
なぜ、「結婚相談所」にこういった口コミが多くあるのでしょうか。
それは、「結婚相談所」にお金を払えば結婚相手が見つかるという考えで入会してしまいがちだということに多く原因があります。


結婚相談所にお金を払えば
結婚できるという考えは
捨ててください!!

結婚相手を見つけるということは、お金で解決できるほど簡単な問題ではありません。
ましてや「結婚相談所」はボランティアではないので、コストがかかる上に、サービスにも限界があります。だからこそよく調べもせず、広告を真に受けてしまい、イメージや場所、金額だけで入会してしまうと、こうした状況につながってきてしまいます。

結婚相談所はサポートをしてくれるところ!
大事なのは、どこで活動するかではなく
誰にサポートしてもらうか!

あなたがいま婚活を考えられていて、そして「結婚相談所」を検討されているのなら、ぜひ一度立ち止まって考えてみてください。
「結婚相談所」を選ぶポイントは、誰があなたをサポートするかです。同じお相手と出会っても、間に入るサポートが変われば、結果も変わってきます。仲人の舘(たち)は、活動を続けやすい安心の料金設定と、あなたの要望に合わせた距離感でサポートしていきます。決してごり押しはいたしません。
仲人の舘(たち)があなたのためにできること、できないことをしっかり把握していただき、 あなたのペースに合わせてしっかりと寄り添います。
ぜひ一度、あなたのお話をお聞かせください。そして一緒に始めてみませんか?


仲人舘のしあわせ婚メソッド

♥全力サポートのために少人数担当制

あなたを親身にお世話して結婚までナビゲートするためには、サポートについやす時間の確保が大切です。
仲人の舘の結婚相談所は大手とは違い、少人数担当制で運営しています。
担当者がコロコロ変わる結婚相談所とは違い、お一人おひとりとじっくり向かい合い、幸せな結婚までの目標を設定しています。
レスポンスが早く、いつでも相談にのれる体制を整えています。
小さな結婚相談所ならではの、身近なサポートを目指しています。


♥出会いのチャンスを広げる仲人ネットワーク

仲人の舘の結婚相談所は、地域の仲人ネットワークである「全国仲人連合会」に加盟しています。
「全国仲人連合会」は明朗でわかりやすい結婚相談をコンセプトに、会員・成婚第一主義の基本理念に共感した仲人たちの集まりです。
また同時に他の結婚相談を行っている大手結婚相談所も加盟する「コネクトシップ」に参加し、30,000人以上(2020年10月データ)の安定した会員基盤を持っております。
ご入会されたら、すべてのお相手を閲覧でき、効率よくご活動いただけます。
地域の仲人や大手結婚相談所との提携で、あなたの出会いのチャンスを最大限に広げます。


♥結果が出たらの成果報酬型

大手結婚相談所では、入会時に数十万円の費用が必要になります。仲人の舘では初期費用を最低限に抑え、敷居を低く設定しました。
そして目標が達成できたときに成果報酬としての「成婚料」をいただいています。
「成婚料なし」の結婚相談所も多くありますが、それは「成婚へのサポートがありません」とPRしているのと同じです。
あなたの幸せな結婚が私の一番の目標、そして喜びです!


まずは何でも聞いてください!


ここまでお読みいただいたあなたへ

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
長々と書き連ねてきましたが、私があなたにお伝えしたいことはただ一つです。

結婚相談所は「仲人」で決めるべきだということ。

結婚はゴールではなく、あなたの新しい生活のスタートです。 こんな当たり前のことがわかっていない結婚相談所や仲人が世の中には数多く存在し、中には利益のためだけに強引に成婚にもっていったり、サポートもせず放置しているところもあります…。

こうしたところに時間とお金をかけ、回り道をするのはもうやめましょう!
「結婚につながる出会い」というのは年齢とともに減少していきます。
「待っているだけ」「結婚相談所にお金を払っただけ」では「あなたが求める結婚相手」に出会えないことは、もうおわかりかと思います。

当然、結婚にはご縁とタイミングが重要ではありますが、それよりも
「結婚相談所のサポート」がなければ、結婚までのハードルを越えることはできません!!
インターネット上でいくら会員情報を検索しようが、データマッチングでどれだけお相手を紹介されようが、それだけでは結婚につながることなどありません。

お相手との出会いのとき、交際のとき、プロポーズのとき、あなたの立場になって真剣に考え、アドバイスしてくれる婚活のプロがいるからこそ、仲人の舘の結婚相談所は成婚率が高いのです。

私にできることは、結婚を本気で望むあなたを「幸せな結婚」にナビゲートすることだけです。
そのために少人数担当制を採用し、全力であなたをサポートしていきます。
だからといって結婚を押し付けたり、無理をさせたりなどは一切いたしません。
仲人としてのこの熱い想いが少しでも伝われば幸いです。

はじめて婚活をする人、結婚相談所選びで迷われている人、気になることやお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。


まずは何でも聞いてください!

仲人の舘の本気ブログ