仲人の舘の本気ブログ

2018-12-05 09:48:00

わたしの便利帳(平成30年11月発行)に掲載されました!

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
現在、荒川区全戸に配布中の2018年(平成30年)11月発行の荒川区「わたしの便利帳」に、私どもの結婚相談所の全国仲人連合会・東京地区本部の広告が掲載されています。
荒川区「わたしの便利帳」は、荒川区役所の窓口や施設、制度などを紹介した2~3年ごとに発行される冊子です。
私どもの結婚相談所では、荒川区の広報活動にも協力させていただいております。
結婚相談所で、荒川区「わたしの便利帳」に広告が掲載されているのは、私どもの結婚相談所だけです。
決して便利な場所にある結婚相談所ではないですが、いつも遠くから電車やお車でいらしていただいて感謝しています。
遠方のかただけでなく、荒川区民からも必要とされ続ける結婚相談所でありたいと願っています。

2018-12-05 08:33:00

縁結び観光協会

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
婚活する人にとって、希望の光とも言えるのが縁結び観光協会で、2005年5月に設立されました。
安来市、東出雲町、松江市、斐川町、出雲市のいわゆる出雲路にある官民71団体が構成するもので、広域観光の振興を図るためにも貢献しています。
首都圏をはじめ大都市圏から多数の観光客を誘致するためには、市、町が単独ではなく、広域に連携して取り組むことが欠かせません。

縁結び観光協会が設立された目的は、大都市圏に対する共同プロモーションで、郷土の誇れる観光素材を全国にPRすることです。
テーマとキーワードを縁結びに定め、縁結びの地は出雲路であることをモットーに、他の有名観光地に並ぶトップブランドとして取り組んでいます。
出雲路は既存の観光資源だけでなく、出雲神話や遺跡などの歴史と宍道湖や中海などの自然、そしてお茶やそばなどの食文化があります。
多様で個性的な地域資源を有している地域なので、観光におけるポテンシャルはかなり高いです。
縁結び観光協会は、出雲路の行政と民間が知恵と資源を結集しています。
地域全体の総合的な魅力と、ブランド力を高めながら、地域の自立と発展に向けた取り組みを推進しています。
的確に取り組んでいけば、全国トップレベルの観光地となるのも夢ではない有望な地域なので頑張ってほしいですね。

2018-12-04 08:47:00

縁結び旅行

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
近頃は自治体が力を入れて縁結びを盛り上げているため、旅行先の選択肢として魅力的なところも多いですよね。
女子旅として友達と行っても良いですし、一人気ままに歩き回ってみても良いでしょう。
縁結びの象徴となる名刹は自然に囲まれていることも珍しくないため、事前の下調べは欠かせません。
単なる縁結び目的だけでなく、思い切って旅行という体にしてしまえば、遠くてなかなか行きにくい場所にも行ってみようという気になりますね。

絶大な人気を誇る出雲大社は、関東からだと日帰りでは難しい距離です。
旅行ならば距離を気にしなくてすみますし、観光も十分に満喫できるでしょう。
出雲大社はもちろん街全体が賑わっていて、さながらお祭り気分のように縁結び祈願ができます。
自分で好きな行き先を決めて、自由に計画を立てるのも面白いですが、すべて丸投げで旅行するのも悪くありません。

気軽に出かけるなら、バスツアーの日帰り旅行がオススメです。
日帰りなので行ける範囲は限られてきますが、バス旅行なら電車の乗り換えの煩わしさも運転の疲労とも無縁です。
旅行と言えば、何も日本国内に限った話ではありません。
パワースポットは世界中に存在し、長期休暇にそれらを巡ってみるのも良さそうです。
縁結び旅行から帰ってきたら、すぐに仲人の舘に会いにきてください。

2018-12-03 14:49:00

12月2日お見合いパーティーは大盛況でした!

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
平成30年12月2日(日)、全国仲人連合会・関東地区のお見合いパーティー「Here the chance!!」がホテルで開催されました。
今回の参加条件は男性が45歳~55歳位まででしたので、落ち着いた感じのお見合いパーティーになりました。
やはりお人柄は実際に会ってみないとわかりません。
一度にたくさんの人と会えるのがお見合いパーティーのメリットです。
全国仲人連合会のお見合いパーティーは会員専用ですので安心です。
そして、フリータイムもありませんので、内気なタイプの人でも大丈夫、参加者すべての人に平等なお見合いパーティーなのです。
次回のお見合いパーティー開催予定などに関しましては、仲人の舘までお気軽にお問い合わせください。

2018-12-03 08:48:00

結婚プレゼント

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
結婚プレゼントは、付き合いの長い友人や、一緒に切磋琢磨した同僚が結婚したときにはそれなりの物を用意しておきたいものですね。
大切な人への結婚プレゼントは、その人とパートナーが幸せな生活を送れるよう、おしゃれな物を贈りましょう。
結婚祝いをするときに悩むのが金額で、おしゃれなデザインや使い勝手の良い物は値段が張ります。
値段は高ければ良いというものではなく、お相手に気負わせない結婚祝いを贈る必要があり、その相場は多くの場合、贈るお相手との関係性で変わります。
友人や会社の人に贈るなら2万円から3万円、家族なら5万円から10万円くらいで、関係の近さに合わせるのがセオリーです。

結婚プレゼントはお相手が喜びそうな物を選ぶのが一番ですが、冠婚葬祭のシーンでは贈り物の意味が重要視されます。
切れる、割れる、消えるに関連するギフトは避けたほうが無難で、割れ物の食器やものを切る刃物などがこれにあたります。
でも新生活において食器や包丁は必需品で実用的なアイテムになるので、最近は結婚祝いのプレゼントとしても選ばれることが多いです。
ペアの食器は幸せが増える、包丁は幸せを切り拓くなどの良い意味もあるので、それほど気にすることはないでしょう。
大事なのはマナーで、結婚祝いを現金で渡す場合は結婚式当日に持参するのがほとんどですが、プレゼントの場合は挙式の10日前までに贈るようにすることですね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...